Picks
117フォロー
11264フォロワー
【図解】格安の国、ニッポンの「10の衝撃」
NewsPicks編集部
加藤 史子WAmazing株式会社 代表取締役社長:経営者
endless discovery(終わらない探求)を訪日観光のテーマに掲げる前は、affordable Japan(お得なニッポン)を掲げていた時もありました。ほんと、外国人から見ると、500円で美味しくて安全な外食ができる国はありません。 発展途上国では、もっと安いところもあるけれど、お腹を壊しますからね。(^◇^;) 日本は給料があがらず、その割に人口が大きく市場が大きく、飲食店も90万店舗とかあると競争も激しく、価格は安く抑えられます。 この安いのに高いクオリティがコロナ禍前の外国人観光客を惹きつけてきた理由の一つですし、食べ物など消えものでなければ、さらに消費税免税されて、10%さらに安く買えますし。 記事では時価総額ランキング、トップ10までが紹介されています。ここを30に拡大しても、上位顔ぶれは、ほとんど変わりません。 平成の失われた30年のうち、国内の時価総額ランキングトップ30に、新しく登場した、企業は2社だけであり、 それは、リクルートとソフトバンクです。 どの社会も成熟するにあたり、労働従事者の産業分野が、一次産業→二次産業→三次産業とメインが推移していくのですが、 日本は高度経済成長期の二次産業の発展、モノづくりニッポン、から、三次産業へのシフトがうまく行かなかったと思います。 アメリカは自動車産業などからGAFAMなどの三次産業中心にシフトしました。 日本の経団連の顔ぶれは…というところでしょうか。
3382Picks
「JRE POINT」が“鉄道版マイル”に 新幹線・特急のきっぷと交換、アップグレードも
TRAICY
NORMAL