Picks
128フォロー
53351フォロワー
コンテンツに第3の革命 ネットフリックスCEO
日本経済新聞
柿原 正郎
日経有料会員限定の記事だが、とても示唆深いのでピック。既に多くの方がピックしているのが記事内の以下のパート。 「ただ、データが万能かというとそうではない。例えばエンターテインメントの世界は、はやりを事前に見つけるのが最大の課題だ。データは世界中のユーザーの過去の視聴の共通性を教えてくれるが、新たなコンテンツとして何が評価されるかを考える際にはそれほど参考にならない」 人間の「嗜好」のトレンド予測はあまりに不確実性が高く、いくらデータがあってもハードルは非常に高い。ファッションのトレンド予測を例に出すまでもなく、人が将来どのようなものに関心を持つのか、人気のトレンドはどのように変化するのか、予測するのもバカらしくなるほどだ。僕もネット業界に長く身を置き、絶えずユーザーやマーケットをウォッチしている人間だと思うが、それでもTikTokがなぜいま流行っているかなんて、いまも説明できないのに、TikTokの人気の予測なんてできっこない。ゲームも同じようなものだろう。モンストは2013年の発売開始だが、いまも人気を誇っているのは、ユーザーの嗜好が固定化しているからではなく、コンテンツ開発側が絶えずユーザーの心を離さない工夫と努力を発売継続しているからだろう。予測というのは、データ分析の大きな仕事の一つで、車や消費財などの領域において需要予測は、生産管理や調達には極めてクリティカルなものではあるが、低関与の消費財の需要予測はそもそもとても難易度が高い。ましてや、ネットコンテンツの需要予測など(以下略)。 しかし、Netflixの凄さはこうしたデータ活用などほんの一面でしかなく、本質的には、根本的なビジネスモデルの転換をこの短期間で成し遂げ、いまの業界をリードしていることのほうが大きい。NetflixがもともとDVDレンタルビジネスから始まったことを、いまどれだけの人が覚えているだろう。数多あったDVDレンタル業者がほぼ残らず消え去ったなか、Netflixだけがビジネスモデルを動画ストリーミングのサブスクリプションモデルに大幅に転換して生き残ったばかりか、いまも成長を続けているのは驚愕というほかない。
373Picks
社長の仕事に正解なし。「ものづくりの社長」目指す
NewsPicks編集部
柿原 正郎
もともと自分がクリエーター/開発者だった創業社長が、事業拡大に伴い、社長としての業務管理的な仕事が増えてきて、これじゃあいけないとプロ社長的な人を呼んでくることは、ネット業界では定番といえば定番。Googleの創業者2人が会長としてエリック・シュミットを入れたり、FBのマーク・ザッカーバーグがCOOにシェリル・サンドバーグを入りたりとか。 一方国内を見ると、GREEや当時のライブドアなど、急成長・急拡大のフェーズに入っても創業社長が会社のトップを務め、対外的な活動までも最前線でやりつづけるケースが多いように思う。これは、よく言われるように、豊富な経験と知見をもとに若い起業家を支えるようなプロ経営者が日本には少ないということも理由にあるのかもしれない。これは、受け入れる側、入る側、双方にボトルネックがあるのだろう。 思いつく例外事例としては、ライフネット生命の出口氏ぐらいか。まあ、ほぼ創業時から岩瀬氏と二人三脚で会社を大きくしてきたので、事業拡大期になって出口氏を迎え入れたわけではないが。あとは、今日の記事にも扱われているライザップの瀬戸氏・松本氏か。急速に拡大しているその最中に、外部から経営人材を迎え入れるというのはなかなか難しい判断を求められるのは想像に難くない。経営に正解はないということなのだろう。
142Picks
時価総額グラフと施策で振り返る 国内アパレルEC王者のZOZO
WWD JAPAN.com
柿原 正郎
ちょうど1年前にPB「ZOZO」を発表してからの1年の時価総額推移と、要所での出来事を俯瞰する良記事。 国内アパレルECでは、追随するプレーヤーがいないほどのガリバーになったZOZOTOWN。社長の前澤氏はプライベートでも注目されるほどの超名人。特にこの1年の動きは凄まじい。社名をZOZOに変え、身体計測のZOZOSUITでは、単なるアパレルECの枠を超えて、身体データアグリゲーターとしての野望を垣間見せ、多くがその可能性に心躍らせたが、その後各種の技術的課題から実際の展開は遅延し、40億円の特損を出しながらも、早々にクローズに向けた意思決定を行ったスピード感は、個人的には天晴と思った。 別記事で、LINEからZOZOに移った田端氏が、ネットビジネスとハードウェアビジネスの難しさの違いについて語っている。 https://newspicks.com/news/3453989 生産や流通の仕組みを構築し、商品や在庫の管理システムも用意し、それらを実用に耐えるレベルで運用するハードウェアビジネスのオペレーション能力は、ネット企業がすぐに真似できるようなものでは決してない。僕も10年以上ネットビジネスの世界に身を置く人間だが、ハードウェア業界から移ってきて同僚から前職時代の話を聞くと、ネットビジネスの業務管理がズブズブだと思わざるを得ないほど精緻で強固なものづくりノウハウが詰まっている事実にいつも驚かされる。それを「鈍臭い」と感じるネット的な視点も間違っているわけではないが、ネットの世界の俊敏さと、ハードの世界の精緻さをうまく融合させる組織モデル、業務モデルを作り上げられるか。いまZOZOが直面しているチャレンジとはそのようなものなのだろう。 Zaraを世界で展開するスペインのInditexは、直近四半期でも最高益を伸ばし、年間売上3兆円を超える規模で、いまも成長を続けている。年間数万点もの新規デザインの服を生み出し、3週間単位で世界中に流通させ、それをすべて売り切りで常に新しい服を作り、売り続けるZara。そのオペレーションの俊敏さ、強靭さは想像を遥かに超えるものだが、ZOZOが目指す地平も同じ方向にあるのだろう。
100Picks
70歳で新分野に 出口治明氏(APU学長)インタビュー
アスクル みんなの仕事場
柿原 正郎
まさに金言の嵐。 「教養とは、知識×考える力です。料理にたとえれば、材料を集めて上手に調理すればおいしい料理ができますが、たくさんの材料を集めることが知識の習得であり、上手に調理するのが考える力です。」 「古典は、市場の洗礼に耐えながら、長い時間淘汰されずに生き残って来た良書です。そこには時代を超えた本質が詰め込まれています。」 「最高のべンチャーは、新しい国を創ることです。しかし国を創建した人に「大きな国を作ろう」と最初から周到に考えていたような人はほとんどいません。様々なめぐりあわせがあり、天の刻、地の利、人の和の3つが揃って、いつの間にかリーダーになり、国を拓いてきたケースがほとんどなのです。」 「僕自身は川の流れに身を任せるように生きてきました。それが人生のリアリズムだと思っています。」 「「メシ・風呂・寝る」では知的生産性は上がりませんから、これからのビジネスパーソンは早く帰宅して、何よりも「人・本・旅」で勉強することです。」 「同じ会社の人間と話をしていても、たいしたインスピレーションは湧きません。異なる世界の人と会って初めて、びっくりするようなことが起こり、イノベーションにつながるのです。」 「誰もが現在の体力と能力と意欲に合わせて働けばいいのです。そして何歳になっても好きなことを勉強して、チャレンジをし続けて、人生を楽しむべきでしょうね。」
392Picks
苦渋の決断。業績低迷で希望退職を募る
NewsPicks編集部
柿原 正郎
2010年末に300人から2013年春には8倍以上の2500人にまで拡大したGREE。3年弱で8倍の組織になるというは、はっきりいって想像ができないレベル。いまも年率30%程度の成長を続けているGAFAですら、そのような組織拡大はしていない。その後すぐに「事業規模に適切な組織規模に」戻したと田中氏自身も言うように、明らかに不適正な組織拡大を行ったのは明らかだろう。 ただ、それを5年後のいま振り返って「あれは間違った意思決定だった」と断ずるのは、僕ですらできるぐらい簡単なことだが、本当に振り返るべきなのは、あの時、あのタイミングとあの環境のなか、なぜそのような半ば常軌を逸したようなスピードでの組織拡大が急務だと、田中氏を始めあれだけ優秀な人材が経営を固めていた組織が感じ、ブレーキを踏むことなく崖を目指してアクセスをベタ踏みして進んでいってしまったのか、そうした組織イナーシャと環境認識を歪ませる「重力場」のようなものがなぜ発生するのか、そこに僕自身の関心はある。その当時のGREEの人材獲得のスピードはとてつもないもので、僕の周りでも本当に優秀な人が続々とGREEに転職していった。そうした人材もGREEの成長は間違いないと信じ、参画していったわけだが、それでも記事内にもある「スマホネイティブアプリ」の開発はいくつもの課題を抱えてなかなか進まず、2013年に100億円減損にまで至ってしまった。 先日、ソフトバンクの通信会社が上場するというニュースがあったが、SBの孫氏も、過剰なまでの先行投資で借金をしまくりながら、それこそアクセルべた踏みでいまも邁進し続けている。今回の上場で2.6兆円程度の資金調達をするが、一方で有利子負債も18兆円と天文学的な規模にまで膨れ上がっている。先行投資の賭けに半ば破れた田中氏と、いまも勝ち続けている(ように見える)孫氏。手法やスタンスが同じでも、二人を分けるものとは、結局のところ結果の違いでしかない。経営者とは本当に辛い商売である。それでも、いまここで、こんなに正直でストレートな思いを吐露してくれる田中氏の真摯で前向きな姿勢に感服するしかない。貴重なお話ありがとうございます。
138Picks
コンプガチャが社会問題化して考えたこと
NewsPicks編集部
柿原 正郎
「ネットビジネスの社会性」とは一体全体なんなのか。そんなことを深く考えさせられる。ネットが「バカと暇人のもの」と呼ばれ、一部のネットオタクが集まり、ある種のユートピアとして自由気ままに振る舞っていればよく、そこでビジネスを展開する事業者も、そうした「特殊な人々」だけを相手にしていれば順調に成長していけた時代はとうに終わったのだと痛感させられる。 コンプガチャ問題は、ネットビジネスだけでなく、政財界を巻き込み、壮大な粛清の場となり、その矢面の最前線にいたのがGREEだったわけだが、彼らが先駆者ゆえに時代の生贄にもなってしまったのは、当時も今もネットビジネスの世界に身を置く僕自身も居た堪れない気持ちになる。 メディア、インフラ、プラットフォーム。いろんな言い方ができると思うが、多種多様なプレーヤーが集まり、そこがひとつの経済圏となる場を生み出し、それを健全に運営していくのは、一事業者としてゴーイングコンサーンを突き詰めていくだけでは早晩壁にぶち当たるのだろう。そこに求められる価値観は何なのだろう。モラルという一言では済ませられないものが必要要件としてあるに違いないのだが、それを経営者の精錬潔癖さに帰着させるのは乱暴なのだろう。収益を生み出す事業体が持ちうる「社会性」とはなんなのだろう。僕自身まだ答えはない。
211Picks
宇多田ヒカルのライブは運営も神! 鉄壁の転売対策&グッズ事前予約に絶賛の声
ニフティニュース
柿原 正郎
先日の横浜アリーナ公演に行ってきました。入り口で顔認証をして本人確認していたのはNECのシステムだそうだ。実際のところ、通常のコンサートでも行われているチケット確認の作業と比べても、なんら遜色ないスムーズさと早さだったことに驚いた。 https://newspicks.com/news/3446622 宇多田ヒカルは、昔からデジタル技術の自身の活動への導入には非常に積極的なアーティストである。まだいまのようなライブストリーミング技術がなかった時代(2003年頃)に、いち早くストリーミングライブを行ったり、ソーシャルの活用もかなり面白いことに取り組んでいた。 転売防止策は業界をあげて様々な取り組みがあるが、こうした高度な技術を導入することは、記事内にもあるにうに現実的には彼女などのビッグアーティストに限られるのが現状。まあ、端的にお金がかかるわけである。ここまでやらなくても、会員登録の厳格化と購入時のID必須化と、購入時期に応じたダイナミックプライシングの導入でかなりの部分軽減できると思うのだがどうだろう。とにかく、しっかりとライブを観たい人が観られるようになればいいなと心から思う。 Lastly but not least... 宇多田ヒカルのコンサート、最高でした。低音が強く出てハスキー気味だった昔に比べて、声に力みがなく、肩の力が抜けた軽やかな感じが新鮮でした。冒頭の一曲目(これから行く人もいるかと思いますのでネタバレはしませんが)、彼女の声が響き始めた瞬間、心が震えました。また、相変わらずグダグダなMCもチャーミングで最高でした。
創業以来最大の失敗、海外事業をどう立て直すか
NewsPicks編集部
柿原 正郎
田中氏が記事中程で書いている3つの仮説。いま振り返っても、とてつもないインパクトだったと思う。特に、1と2は、大手ネット企業、スタートアップにかかわらず、例外なく早急な対応を余儀なくされた事態だった。 1. ガラケーからスマートフォンへの事業シフト 2. ブラウザーゲームからアプリゲームへのシフト 3. 国内専業からグローバル事業へのシフト スマホ&アプリシフトについては、特に大手のほうが転換に手こずったと言えよう。いまで言うところのGAFAですら、それまでの収益源だったPC事業からモバイルへのシフトに四苦八苦しているなか、さらにネイティブアプリを起ち上げ急速に改善していなければならない。当時の淡い期待としては、HTML5の普及により、アプリに流れつつ合った開発の流れを再度ブラウザ側に引き戻し、アプリと同等のソフトウェア体験をブラウザで実現することで、よりスケーラブルな展開を可能にすることであったが、一度アプリ側に流れたユーザーのデマンドは簡単には動かず、結局のところ、現在までアプリ主体のスマホ利用体験は続いている。 田中氏も書いているように、こうした不確実性が極めて高い技術環境のなか、シビアな競争にも晒され、毎日厳しい意思決定を圧倒的な情報不足のなか下していかねばならない経営者の仕事とは想像を絶するプレッシャーだろうと思う。GREEの場合は、さらに海外事業展開で生まれた多くの負債という重しまであったわけで、次の記事にあるコンプガチャ問題も含め、よくサバイブしたなというのが正直な思いである。それだけで天晴と言いたい。
169Picks
ソフトバンクも巨額投資。「不動産テック」が注目される理由
NewsPicks編集部
柿原 正郎
WeWorkや、この記事で触れられているOpendoorなどの「不動産テック」、実はつい最近までなぜSBなどがこぞって投資に走っているのか、お恥ずかしながらてんで分かっていなかったのだが、ある視点をもとにすれば少なくとも自分のなかでは合点がいくようになった。 有り体に言えば、やばり鍵となるのは「データ」。オンラインの情報空間は、ここ20年で膨大な規模に拡大したが、一方で大量のノイズも生み出すことになり、オンライン情報そのものに対する信頼感が相対的に下がってきているとも言える。そんななか、オフラインの人と人がリアルな場所でやり取りする情報、そしてオンラインには載ってこない「生」の世界に根ざした情報は、どうにしかしてそれを得る仕組みが必要になる。そして、そのオフライン情報へのアクセスに希少性があればあるほど、ビジネス価値も高くなる。 割高な入居料を払ってまで、なぜスタートアップならず大企業までWeWorkに入りたがるのか、そしてその場を提供するWeWork自身の競争力とはなんなのかと考えると、それは僕のようなオンラインずぶずぶの人間にはなかなか理解できなかったオフラインデータの価値が見えてくる。Post-internet時代のデータクローラーといえば良いのかも知れない。WeWorkの場で行われる会話やネットワーク環境内でやり取りされているトランザクション情報は、外のパプリックウェブには決して流れてこない情報。しかも、そこに参加する人々がもともと持つ情報の希少性が相俟って、その情報価値はますます上がり、その場の情報吸引力はますます上がる・・・。 少し抽象的になってしまうが、このあたりが「不動産テック」の肝なのかなと個人的には思っている。
353Picks
【大江千里】僕が47歳で、キャリアをリセットした理由
NewsPicks編集部
リー・クアンユー後のシンガポール政治は盤石か
NewsPicks編集部
柿原 正郎
シンガポール特集第四回は、シンガポールの政治システムとその変遷に関する分析。リー家独裁国家とも揶揄されるシンガポールだが、父クアンユーと長男シェンロンの首相在任期間の間を埋めた、ゴー・チョクトン第2代首相の意義に着目し分析した視点には感銘を受けた。たしかに、ゴー・チョクトン在任期の14年間は、経済動静が世界規模で極めて不安定で難しい時代だったにもかかわらず、結果的には安定的な経済成長をシンガポールにもたらし、長男シェンロンへの禅譲を極めてスムーズに果たした実績は、もっと評価のスポットライトが当たってしかるべきものだろう。そして、その意味を、今後のシンガポール政治の展開において、実直な実務家タイプの政治家がシンガポールに出てくる限り、シンガポールの政治に大きな不安定要因はないはずだとする川端さんの分析には唸らされた。 一点だけ、シンガポールの政治を考える上で、付け加えておきたいことがある。メディアと政治の関わりである。主要先進国との比較において、PAPによる一党支配と同程度にシンガポールの政治システムを特有のものにしているのが、メディアに対する支配力の強さがあげられる。シンガポール国内のメディアはほぼすべてがシンガポール政府のコントロール下にある。シンガポール政府が100%保有するメディアコープが、主要テレビ局・ラジオ局を運営しており、Strait Times等の新聞・雑誌メディアも、SPHという政府から社長を送り込まれている出版社が運営している。また、オンラインニュースメディアも、政府に免許申請が義務付けられており、その免許も毎年の更新が必要になる。こうしたメディア規制が、記事内にも触れられていた、逮捕状なしに被疑者を拘束できる国内治安法と併せて実際に運用されており、政府批判を行うサイトの運営者や同様の動画をアップロードした人が拘束されたことは、国内のメディアではニュースとしてまったくといっていいほど扱われず、逆に海外のメディアがこれを取り上げて注目されたりした。 僕もいまシンガポール政府に外国人ビザを発行してもらってシンガポールに住んでいる身分なので、この件に関するこれ以上の論評は控えるが、事実として、国境なき記者団が毎年発表する「世界報道の自由度ランキング」で、世界180ヶ国のうちシンガポールは153位で、ロシアの152位よりも低い。
114Picks
スライドストーリーで見る「ブレグジットの経済インパクト」
NewsPicks編集部
柿原 正郎
素晴らしい整理とまとめ。各論を掘り下げればまだまだたくさんの論点があるが、全体を概観する上では極めて有用な整理だと思う。編集部の皆さん、ありがとうございました。 個人的に少し、長期的なインパクトを考えると、欧州各国からイギリスの大学への進学・留学などの緩やかな停滞の可能性が考えられる。いま、ほとんどのイギリスの大学・大学院は、EU諸国からの学生には、特別な学費割引があり、日本人も含めた多くの留学生の学費と比べると格安になっていて、特に、北欧・東欧諸国からの優秀な学生が、イギリスの大学院で、修士・博士過程に進んでいる。僕も、イギリスの大学院で、修士・博士過程をやったが、正直、イギリス人の院生はほとんどおらず、ギリシャ、スウェーデン・ポーランドなどから、バリバリに優秀な学生がたくさんいた。彼らが、直接的にイギリスの経済に貢献しているわけではないが、イギリスの研究機関の現場レベルの優秀な研究員リソースとして活躍していたことは間違いなく、そうした人材が、イギリス留学のメリットを感じなくなり、アメリカなど他に流れるようになれば、長期的にはイギリスの研究機関の停滞にも繋がる可能性があるなと思った。
416Picks
日本占領期から100円ショップ人気まで。50周年を迎える日・シンガポール関係
NewsPicks編集部
柿原 正郎
シンガポール特集第三回は、シンガポールに住む日本人なら全員が知っておくべき歴史と生活の知識を紹介してくれている。これは、いまシンガポール在住の人間のみならず、シンガポールに関わるすべての人が知っておくべき内容だと思う。 記事内で触れられているように、第二次大戦時の日本によるシンガポール占領の具体的事実は、日本の近代史教育のなかでは、ほとんど触れられていない。自分はどちらかといえば保守主義寄りなほうだとは思うが、それでも、日本軍による東南アジア占領の「事実」については、できるだけ詳しく知るべきだと思うし、それが、いま現地で日本人が特段の差別や非難を受けずに、過去のことは過去のものとして、暖かく受け入れてもらっていることに対する感謝であり、また最低限の義務だとも感じている。シンガポール国立博物館(National Museum of Singapore)の1階にある常設展 "History Gallery"は、昨年リニューアルされ、戦前・戦中・戦後のシンガポールの歴史がとてもうまくまとめてられており、日本軍による占領時代の事実についてもかなり詳しい解説がある。シンガポールに住む日本人は、必ず一度は行くべきだと思う。 シンガポールにおける日本人コミュニティに関する詳しい解説もとても興味深い。記事内にあるように、シンガポールの日本人会、そして日本人学校は、世界各国と比べても、最大級の規模といっていいもの。日本の外務省・文科省に認可は受けているものの、その運営はプライベートな互助会組織であり、日本人学校も私立である。こうした、現地の日本人のボランタリーな組織や運営が、長年に渡り続いていることは、極めて意義あることだと思う。 ただ、これは完全な私見ではあるが、シンガポールの日本人会は、他の国のそれと比べて、かなり閉鎖性が強いように思う。僕のような外国企業に務める人間は、個人で1000ドルの入会費と月50ドルの会費を払わなければ、子供を日本人学校に行かせられないし、本来は現地校に行く日本人子女のサポートが目的の補習校にさえ入れない。ちなみに、イギリス日本人会は、入会費なし・年会費20ポンドである。大部分の駐在員は勤務先の日本企業が会費を負担しているので気にならないのかもしれないが。ちょっとした愚痴でした。 * 追記:日本人会の入会費の額が間違っていたので訂正しました。
93Picks
NORMAL