Picks
8フォロー
26フォロワー
公立小教員の採用倍率、過去最低2・7倍…バブル期下回る(読売新聞オンライン)
Yahoo!ニュース
Nakamura Masaki千葉県公立中学校教員 教員
公立中学校で働いている現場の意見からいうと、「大変なことももちろんあるけど大変なのは教員だけではない」という感じです。 「教員は大変」だと言って働き方改革が進むのはもちろん大事で有り難いですが、その一方で「教員は大変」だけが一人歩きしているようにも思います。 ①教員は大変だけど、やりがいがあり楽しみもある ②教員は大変だから、構造を変えなければいけない この「教員は大変」の後ろをしっかり伝えることが必要なのかとおもいます。 ②に関しては、日本のある程度の教育の質を保つかどうかのトレードオフのように個人的には思いますが、現場にいて感じる解決策として考えられるパターンは以下の4つです。 a)母数である人手を増やして、質を保つ(外部者指導など徐々に実行されている) b)母数をそのままにして、質を下げる(具体的には部活動・行事のの削減)   *非認知的能力が最も育まれる部活動・行事を削るのが良いのかは要検討 c)母数を変えずに、質も保つ = 今のまま d)新たなイノベーションを起こしてabc以外の解決策を生む 外からの俯瞰的な意見も重要な一方で、教育に興味のある方はぜひ学校現場に飛び込んできて、職員室の力学や学校の意思決定の原理、教育委員会の思考法などを体感してもらいたいです。
1Pick
小学校教員倍率、過去最低2.7倍 質の確保急務
日本経済新聞
Nakamura Masaki千葉県公立中学校教員 教員
公立中学校で働いている現場の意見からいうと、「大変なことももちろんあるけど大変なのは教員だけではない」という感じです。 「教員は大変」だと言って働き方改革が進むのはもちろん大事で有り難いですが、その一方で「教員は大変」だけが一人歩きしているようにも思います。 ①教員は大変だけど、やりがいがあり楽しみもある ②教員は大変だから、構造を変えなければいけない この「教員は大変」の後ろをしっかり伝えることが必要なのかとおもいます。 ②に関しては、日本のある程度の教育の質を保つかどうかのトレードオフのように個人的には思いますが、現場にいて感じる解決策として考えられるパターンは以下の4つです。 a)母数である人手を増やして、質を保つ(外部者指導など徐々に実行されている) b)母数をそのままにして、質を下げる(具体的には部活動・行事のの削減)   *非認知的能力が最も育まれる部活動・行事を削るのが良いのかは要検討 c)母数を変えずに、質も保つ = 今のまま d)新たなイノベーションを起こしてabc以外の解決策を生む 外からの俯瞰的な意見も重要な一方で、教育に興味のある方はぜひ学校現場に飛び込んできて、職員室の力学や学校の意思決定の原理、教育委員会の思考法などを体感してもらいたいです。
2Picks
公立小教員採用倍率、最低の2.7倍 長時間労働敬遠か
朝日新聞デジタル
Nakamura Masaki千葉県公立中学校教員 教員
公立中学校で働いている現場の意見からいうと、「大変なことももちろんあるけど大変なのは教員だけではない」という感じです。 「教員は大変」だと言って働き方改革が進むのはもちろん大事で有り難いですが、その一方で「教員は大変」だけが一人歩きしているようにも思います。 ①教員は大変だけど、やりがいがあり楽しみもある ②教員は大変だから、構造を変えなければいけない この「教員は大変」の後ろをしっかり伝えることが必要なのかとおもいます。 ②に関しては、日本のある程度の教育の質を保つかどうかのトレードオフのように個人的には思いますが、現場にいて感じる解決策として考えられるパターンは以下の4つです。 a)母数である人手を増やして、質を保つ(外部者指導など徐々に実行されている) b)母数をそのままにして、質を下げる(具体的には部活動・行事のの削減)   *非認知的能力が最も育まれる部活動・行事を削るのが良いのかは要検討 c)母数を変えずに、質も保つ = 今のまま d)新たなイノベーションを起こしてabc以外の解決策を生む 外からの俯瞰的な意見も重要な一方で、教育に興味のある方はぜひ学校現場に飛び込んできて、職員室の力学や学校の意思決定の原理、教育委員会の思考法などを体感してもらいたいです。
1Pick
【成毛眞】2040 未来からの提言
NewsPicks Studios
Nakamura Masaki千葉県公立中学校教員 教員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1315Picks
【読書】今年こそ「やりたいこと探しの旅」を終わらせよう
NewsPicks編集部
Nakamura Masaki千葉県公立中学校教員 教員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2078Picks
「教師を再び憧れの職業に」 文科相、検討本部設置を表明
教育新聞
Nakamura Masaki千葉県公立中学校教員 教員
公立中学校で働いている現場の意見からいうと、「大変なことももちろんあるけど大変なのは教員だけではない」という感じです。 「教員は大変」だと言って働き方改革が進むのはもちろん大事で有り難いですが、その一方で「教員は大変」だけが一人歩きしているようにも思います。 ①教員は大変だけど、やりがいがあり楽しみもある ②教員は大変だから、構造を変えなければいけない この「教員は大変」の後ろをしっかり伝えることが必要なのかとおもいます。 ②に関しては、日本のある程度の教育の質を保つかどうかのトレードオフのように個人的には思いますが、現場にいて感じる解決策として考えられるパターンは以下の4つです a)母数である人手を増やして、質を保つ(外部者指導など徐々に実行されている) b)母数をそのままにして、質を下げる(具体的には部活動・行事のの削減)   *非認知的能力が最も育まれる部活動・行事を削るのが良いのかは要検討 c)母数を変えずに、質も保つ = 今のまま d)新たなイノベーションを起こしてabc以外の解決策を生む 外からの俯瞰的な意見も重要な一方で、教育に興味のある方はぜひ学校現場に飛び込んできて、職員室の力学や学校の意思決定の原理、教育委員会の思考法などを体感してもらいたいです。 ちなみに萩生田光一文科相は1月19日の閣議後会見のURLは以下です。 https://www.mext.go.jp/b_menu/daijin/detail/mext_00129.html
206Picks
iPad届いたのに制限だらけ 学校間で広がるIT格差
朝日新聞デジタル
Nakamura Masaki千葉県公立中学校教員 教員
新聞内にある、以下の文を取材された千葉県の公立中に勤務する20代の男性教員です。 「Gメールや表計算ソフトなどほとんどのアプリが使えず、USBメモリーも認識しない。文書の共同編集も、生徒とのチャット機能も教育委員会の方針で無効化されていた。」 なぜこのような仕様になっているか、教育委員会に聞いたところ、"何かあったときのリスクが怖い"、"「どんなことがリスクであるか」もまだわからない"とのことです。 https://www.watch.impress.co.jp/kodomo_it/voice/1292191.html また、以上の記事にあるように教育委員会が一番怖いのが、 ====================== 「そんなことやって何か起こったらどうするんだ!」と言われることです。 「ICTを活用して子どもたちの学びを地域に広げたいんです。そのために子どもたちの作った動画をYouTubeにアップしたいのですが、よろしいでしょうか?」 「YouTube? そんなことやって何か起こったらどうするんだ!」 その一言で先生方は委縮します。子どもたちのやる気はしぼみます。「うちの自治体のICT活用、なんでこんなに進まないのかしら」と思っている方の学校では、もしかしたら「そんなことやって何か起こったらどうするんだ!」という声が飛んでいるのかもしれません。 では、その声を止められるのは誰か。保護者の皆さんです。「そんなことやって何か起こったらどうするんだ!」という人に対して「何か起こったら学校と家庭が協力して対処すればいいだけの話でしょ?」と喝破できるのは保護者の皆さんです。それが学校への追い風になります。 ====================== ということで、保護者の方や世間のみなさんは「そんなことやって何か起こったらどうするんだ!」という人に対して「何か起こったら学校と家庭が協力して対処すればいいだけの話でしょ?」とぜひ言って欲しいです。
271Picks
【動画業界】レッドオーシャンのYouTube。勝ち抜くカギは?
NewsPicks編集部
Nakamura Masaki千葉県公立中学校教員 教員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
612Picks
NORMAL