Picks
38フォロー
810フォロワー
IT規制、流通額3千億円基準に 楽天、ヤフーも対象見通し
共同通信
竹本 祐也株式会社WACUL 取締役CFO
楽天・ヤフー対象というのはもちろんとして、楽天のECとトラベルは別かであったり海外プレーヤーであるAmazon(日本では倉庫業になっている?)やメルカリのような企業が入るのかが気になりますね。 3千億円というラインに入る企業とはどこか確認するうえで参考になるのがこちらの「2019年の流通総額ランキング」です。 https://bit.ly/2NojSPX EC-Cubeのようなプラットフォームであれば対象外となるでしょうが、3千億円の規模感が分かるランキングとなっています。 ①楽天市場 流通総額:3兆8,595億円(トラベル等含む) ②Amazon 流通総額:3兆4,238億円(推測) ③Yahoo!ショッピング 流通総額:8,519億円 ④ヤフオク! 流通総額:8,212億円 ⑤メルカリ 流通総額:5,434億円 ⑥ZOZOTOWN 流通総額:3,423億円 ⑦EC-CUBE 流通総額:2,100億円(推測) ⑧MakeShop 流通総額:1,734億円 ⑨ラクマ 流通総額:1,500億円(推測) ⑩カラーミーショップ 流通総額:1,459億円 ⑪Wowma!  流通総額:1,287億円(推測) ⑫Qoo10 流通総額:1,209億円(推測) ⑬futureshop 流通総額:1,141億円 ⑭ショップサーブ 流通総額:850億円(推測) ⑮BASE 流通総額:429.6億円 ⑯minne 流通総額:119.8億円 *上記Webサイトより転載
406Picks
「DXレポート2」を解説。“2025年の崖”から2年、国内企業の現状とこれからは?
ビジネス+IT
KDDI新プラン「povo」登場で続く、料金改定の波と3キャリアの思惑 ── 月間20GBで満足できるのはあと1、2年
Business Insider Japan
竹本 祐也株式会社WACUL 取締役CFO
自宅に固定WiFiがない人というのが思いのほか多いことに、コーポレート部門として、リモートワーク推進の中で気づきました。 僕自身は古い人間なのか、家には固定WiFiを置くのが「当たり前」だと思っていました。実際、光回線を引いています。けれど、そうでない人が実は多い。ポケットWiFiで済ましてしまうとか、SoftbankAirのような固定のように見せかけたモバイルであったり…。 リモートワークでのWebミーティング、NetflixやAmazonプライムビデオなど、動画が当たり前しかも画質も良いとなってくると、モバイルでさえ月間20GBでは足りません。より大きな容量もしくは使い放題が求められるのは必須です。 5Gになってくれば、1秒に送れるファイルの大きさが大きくなるわけなので、1時間の間にdocomoやauが運べる情報そのもののサイズも大きくなります。つまり、通信会社自身の提供できるキャパが大きくなるので、1人に20GBを提供するのも楽チンになる、ハズ。 でも使い放題では1人が大量に使って負荷をかけるというのもできてしまうので、使う人が増えて混み始めたら、何かしらの制限をつけながら5Gも提供されるのでしょう。 >ahamoには1回5分までのかけ放題が含まれているが、povoは500円を支払わないと1回5分までのかけ放題は使えない。つまり、「データ20GBと1回5分までのかけ放題」に条件を揃えて比べると、いずれも2980円で横並びになる。 できるだけプランをシンプルに分離して、消費者が自由に選べるようにするのが本来の目的なので、結果としては横並びの価格だとしても、少しだけauのほうがdocomoより前に踏み出したと言えそうです。
110Picks
【仕事の未来】資金調達するマーケターの時代がくる
NewsPicks編集部
竹本 祐也株式会社WACUL 取締役CFO
データドリブンマーケティングの支援を主たる事業として行うスタートアップのCFOをやっていますが、マーケティングはファイナンスと相性が良いなと感じることがあります。 これまで僕は、経理データを持っていればファイナンスに近いので、例えばマネーフォワードやfreeeが貸付事業をすれば面白いなと思っていました。しかし、それはこれまでの銀行とあまり変わらないアウトプットになるのでそこまで特色あるものにはならないのかもしれないと最近は思うようになりました。 一方、マーケティングはどうでしょう。近年、よりデータが精緻化されてきており、広告宣伝費と契約金額(≒売上高)の関係性が明確に見えるようになりつつあります。マゼランやノバセルのように、テレビ広告なども数値化したサービスもある時代です。 そうすると、どれくらい投資すればどれくらいリターンが出るのかが分かりやすくなって来たように思います。そうすると、マーケティングとファイナンスがすごく近く感じるのです。 そういう点でも、マーケターがファイナンスの知識をつけることはとても強いですよね。このマーケティング×ファイナンスは、これまではデータが曖昧であったがゆえに存在しなかった領域なので、今後キャリアとして"良い"領域だと感じます。
1243Picks
NORMAL