Picks
137フォロー
75014フォロワー
グーグルが「クッキー」代替技術、AIが利用者を分類
日本経済新聞
柴山 大negocia, Inc. 代表取締役
記事内にもあるよう広告配信や効果計測で利用されている3rdPartyCookieがプライバシー保護の観点から利用制限されてきます(Safariはすでに制限強化、Chromeは22年1月までに)。 広告の個人嗜好性の最適化をプライバシーと両立した上でどのように実施するかが課題で、特に広告で大きな収益をあげているGoogleの出方が注目されていますが、ブラウザにEdge AI搭載して抽象化されたグルーピング情報を送信する、なんてGoogleっぽいな〜と思いました。 IDが何の属性に所属しているかも分からない形で送信されるので、広告プラットフォーム側はどの属性なのかを都度試し打ち→効果のいい属性だと判断する、と中々大変そうな仕組みですし、広告プラットフォーム側の判定によっても効果差異が出てきそうですね。 この仕組みをはじめとして、これから広告業界はプライバシー保護をしながらの最適化を模索していく数年間になると思いますが、やはり気になるのが全体の3~4割のトラヒックを占めるAppleの動向です。 記事中にはSafariも対応するかも、、とありましたが、Appleは広告収入が主たる事業ではないため、過去の対Googleのスタンスからも乗ってくるかは不透明。Appleのこの辺りの出方はおそらく春のWWDCで見えるような気がしていますので、注目しています。
550Picks
「人が足りない」は言い訳だ。元教師CTOの人材育成論
柴山 大negocia, Inc. 代表取締役
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
415Picks
NORMAL