Picks
51フォロー
23054フォロワー
J&Jワクチン、米当局が接種中断を勧告 血栓の報告で
Reuters
山田 悠史マウントサイナイ大学病院 米国内科専門医
680万人中6人ですので、100万人に1人(0.0001%)を下回る非常にまれな有害事象ですが、それでもなお680万人中1人が亡くなっていますので、見逃せない重く捉えるべき有害事象です。 このJ&Jのワクチンは、アストラゼネカのワクチンと「ウイルスベクターワクチン」という技術を用いている点で共通しており、ファイザーやモデルナなどのmRNAワクチンとは異なります。 mRNAワクチンではこのような有害事象が報告されていないことから、ウイルスベクターワクチンに共通した稀な副反応である可能性が指摘されています。 J&Jのワクチンを用いる米国では、新型コロナウイルス感染症により600人に1人が命を失っており、感染者のうち約15%が血栓症を発症していますので、仮に副反応だとしてもコロナのリスクの方が比べものにならないほど高いことは明らかです。しかし同時に、mRNAワクチンという他の選択肢も入手可能な状況にあるため、より詳細な評価を得るまでの間、J&J供給の一時中止というのは妥当な判断だと思います。 まだ因果関係も明らかになっていないので、ワクチン接種で生じたと結論づけるのは尚早ですが、アストラゼネカのワクチンからの報告も合わせると、稀な副反応の可能性が高いと言っていいかもしれません。 医療機関レベルでは、この血栓症の治療法として、免疫グロブリン療法などの治療法も考案されてきており、認知を広げることも重要と言えるでしょう。 また、このように非常に稀な有害事象でも一時中止を行うほど、ワクチン事業は慎重に進められているということも合わせてご確認ください。
288Picks
リジェネロン、コロナ抗体薬に効果 米で予防薬として承認取得へ
Reuters
ソフトバンク、オンライン診療参入 5G活用
日本経済新聞
山田 悠史マウントサイナイ大学病院 米国内科専門医
こちらニューヨークでは、大学病院レベルでも日常的にオンライン診療が行われています。 私自身の患者さんも3割程度はオンライン診療を選択されています。患者さんは予約時に来院かオンラインかを選択することができます。 特にコロナウイルスの感染者数が増えてくると、オンラインを選択される方も増えてくる印象で、最多では半数近くがオンラインの時期もありました。 医師側としても、オンライン診療の予約を集約して、オンライン診療だけの日は自宅から勤務するなどの融通がきくこともあり、その利便性は大いに感じているところです。 ただし、情報が限定されることが多く、特に内科診療にあたっては、十分な診療ができないリスクも肌で感じています。「血圧も脈拍も自宅で測れるのだから」と簡単に言われますが、病院ならば当たり前に行われることも、正しく測定されない、血圧測定器がすぐに入手できず測定できないなど個々の事情で大切な情報が入手できないシーンも多く、身体診察も限られるため、見逃しは確実に増えていると思います。 また、現実としてはやはり医療機関の電子カルテと連動したほうが何かと便利であり、連動しない遠隔診療システムはやがて淘汰されていくように思います。 日本でいえば、電子カルテシステムのシェアを占める富士通が独自のシステムを開発すればそこに置換されていく可能性が高いと思います。あるいは、ソフトバンクのような企業のシステムも電子カルテへの乗り入れが図られればよいと思いますが、そうでないと現場レベルでは不便も多く、最終的にはあまり好まれなくなるかもしれません。
468Picks
アストラ製ワクチン、若年層対象の治験中断=オックスフォード大
Reuters
NORMAL