Picks
47フォロー
22302フォロワー
一般へのワクチン接種5月想定と政府関係者
共同通信
山田 悠史マウントサイナイ大学病院 米国内科専門医
「接種開始を5月ごろと想定している」と「政府関係者が明らかにした」という非常に曖昧な報道ですので、どこまで信憑性のある情報なのかが定かではありません。 少なくともオペレーションを担当する河野大臣は、自身のtwitter上で「まだ想定していない」ことを明らかにしています。 https://twitter.com/konotarogomame/status/1351527811475931136?s=20 厚労省が公表している資料によれば、5月というのが現実的な時期とも思いますが、こちら米国でもそうですが、マンパワーの状況などによる遅れも「想定」しておくべきでしょう。 こちらでは、オンライン予約システムの機能停止やバックアップとしてのコールセンターの機能停止もすでに生じており、引き続いて供給停止が起こるなど混乱が起き続けています。 すでにニューヨーク市ではワクチン接種予約や情報検索が一括でできるアプリも使用されており、さすがの速さだなと感心していますが、現場はそんなに整然としているわけではありません。 日本では開始が少し遅れる分だけ、他国の反省を生かせるものと思いますが、様々なトラブルに対するプランBをあらかじめ計画しておくことが肝要と思います。
303Picks
新型コロナワクチン接種後の死亡者が増加-ノルウェーの高齢者
Bloomberg
山田 悠史マウントサイナイ大学病院 米国内科専門医
「新型コロナウイルスのワクチン接種後に死亡した」ことは、必ずしもワクチンが直接的な原因となったことを意味するわけではありません。 接種対象者となっているケアホームの居住者は、ワクチンにかかわらず1週間で平均400名程度が命を落とすとノルウェー当局から報告されています。そのような報告を知ると、少し立ち止まって考えられるかもしれません。 例えば、ワクチン接種後の帰宅途中に不運にも事故にあって命を落とした例を考えてみてください。このケースもワクチン接種直後に命を落としたことになりますが、ワクチンの副反応で死亡したと考える方は誰もいないはずです。 ただし、ワクチン接種後に高熱が1日や2日出現する例は珍しくないため、若者ではそういった高熱がなんともなくとも、高齢者では持病の心臓や脳の疾患に悪影響を与えるという可能性は考えられます。このように、例えばワクチンの副反応が間接的に影響した可能性は十分考えておく必要があります。 今後もこのようなケースを慎重に蓄積し、分析していくことは極めて重要です。実際に、米国や英国でも同様のケースがないかの調査や分析が開始されています。 なお、ノルウェーからの医学誌BMJへの報告では、“There is no certain connection between these deaths and the vaccine.”(死亡とワクチンの関係は明確ではない)とされていて、このBloombergの報告とは食い違います。 早合点して、ワクチンで死亡者が多数出た、と因果関係について扇動するSNSでの拡散が目に浮かびますが、冷静に解釈する必要があると思います。 引用文献:https://www.bmj.com/content/372/bmj.n149
79Picks
NORMAL