Picks
390フォロー
9337フォロワー
【独占】本田圭佑、ファンド崩壊の反省を語る
NewsPicks編集部
赤井 厚雄株式会社ナウキャスト 取締役会長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1209Picks
【溝口勇児】カネの私物化、パワハラ…疑惑をすべて語る
NewsPicks編集部
赤井 厚雄株式会社ナウキャスト 取締役会長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1362Picks
クレカ積み立て投資に参入 マネックスなど、初心者に的
日本経済新聞
赤井 厚雄株式会社ナウキャスト 取締役会長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
お店が近所にやってくる! 三井不動産が「動く店舗」で打ち出す、買い物体験の新機軸
ITmedia ビジネスオンライン
赤井 厚雄株式会社ナウキャスト 取締役会長
オフィスが集中するエリアでのランチ提供や催事に伴う屋台の進化系としての移動販売は以前からあって目新しくないが、この事例で面白いのは、不動産デベロッパー自らが、ビルのテナントとしてでなく、「移動する店舗」をまちづくりの視点で投入しようとしているところ。言い換えれば、「ものを売る側」の視点というより「消費者・生活者」の視点と言い換えても良い。 アフターコロナの新しい時代において、仕事における「コミュニケーション」(オフィスワーク)と「集中・作業」(リモートワーク)のバランスを模索する動きが多くの産業で進むことは間違いない。 その際、今の緊急事態宣言下で呼びかけられているような完全リモートワークが起こると考える人はいない。 リモートワークをコロナ前から積極的に導入しているフランスの先行研究からも、月間のリモートワーク日数が生産性を上げるのは一定の日数までで、それを超えるとむしろ完全オフィスワークの時よりも生産性が落ちると言うことが知られている。この結果は、1年間様々な形でリモートワークを「実験」したわれわれの直感とも近い。 そうなると、週のうちの数日を「集中して作業する時間」として自宅周辺で過ごす人が増えてくることが予想される。 したがって、様々な店舗を都心から郊外に移動させると言うのはやりすぎだと言うことになる。今回のような「動く店舗」は、そうした新しい時代の消費者のニーズに寄り添うものと考えることができるかもしれない。 「店舗が動くまち」がこうしたところから生まれる可能性があると期待し、今後の「動きに」注目したい。
251Picks
三井不動産、DX方針・推進体制・事例をまとめた「2020 DX白書」を公開
デジタルシフトタイムズ
赤井 厚雄株式会社ナウキャスト 取締役会長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
トヨタの未来都市「ウーブン」が着工、入居は4年以内に
朝日新聞デジタル
赤井 厚雄株式会社ナウキャスト 取締役会長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1027Picks
NORMAL