Picks
11フォロー
2735フォロワー
うっかり使ってない? 成長を妨げる「思考停止ワード」
Forbes Japan
大田 比路個人投資家
この記事を読んでいると、丸山真男が1952年の論文『<現実>主義の陥穽』のなかで、日本人の精神構造を象徴するものとして「しかたがない」という日本語に着目していたのを思い出した。というか、ボクの意見としては、日本人が人生のなかで最もよく使う思考停止ワードは「しかたがない」だと思う。 ボクらは大人になるにつれて「もっと現実的になれ」とまわりの人間から言われるようになる。理想論をふりまわすのをやめて「現実主義」的に物事を考えることが一人前の大人に成長していく過程なのだと。 しかし、現実主義というのは、本来「自分が目指すべき理想に向けて、現実を具体的に作り出そうとする」態度のことだ。一方、 なぜか日本人にとっての現実主義とは「上から与えられた現実にひたすら服従する」態度のことに過ぎない。その服従の際に呪文のように吐き出す言葉こそが「しかたがない」だ。ほとんどの日本人が1日に1回以上は「しかたがない」を口にしたり、心の中でつぶやいているはずだ。 ボクらは、今までの人生でどれだけ「しかたがない」をつぶやくことで思考停止に成功してきたことか。授業料が高いのはしかたがない、満員電車はしかたがない、サビ残はしかたがない、年金を将来もらえないのはしかたがない。こうしてひたすら現実から逃避したまま人生を終了させているのが、平均的日本人のはずだ。 この記事では、相手との対話に不安になると漠然とした相槌を打って逃げてしまう、といったことが書いてあるけど、「しかたがない」にも似たような効果がある。目の前にある理不尽な世界、自分には受け入れがたい世界が広がっていたとしても、それにどう対処すればいいのか分からずに不安になる。不安になったら、ひとこと「しかたがない」と自分自身に相槌を打てば、目の前の悩みから解放される。何も考えなくてよくなるし、何も行動する必要がなくなる。ボクからしたら「しかたがない」こそ、日本社会のあらゆる仕組みの土台じゃないかなと思えてしかたがない。
1723Picks
8年で1000人が退職 HIS澤田秀雄社長がハウステンボス“撤退宣言”
文春オンライン
大田 比路個人投資家
ボクはNPのアカウントを取って1年程度の新参者にすぎず,NPでよく見るワード「NP損させ仮説」とやらが何を意味しているのか,よく分からない.ただ,この1年でなんとなく感じたのは,NPはやたらと「提灯記事」「御用記事」が多いなということ.もちろん,経済メディアの世界なんて御用雑誌・御用新聞であふれてるわけだけど,NPのコンテンツはあまりにそれが露骨だ.とにかくいろいろな企業・経営者をムリヤリ持ち上げる記事ばかりを安易に大量生産していれば,記事中で取り上げずにあえて無視していた「負の側面」が,記事掲載後にイキナリ露呈するといったことは,当然ながら出てくるだろう(今回のハウステンボスの件もその一例となるかは分からないが). NewsPicksそのものがマスコミ業界における「新参者」であり,とにかく著名人・企業に媚びを売ってでもコンテンツを大量生産しなければならない事情もあるのだろうけど,このあたりで少しは今までの路線を見直したほうがいいのではないか.いかなる権力者,いかなる大企業を相手にしても「正の側面」だけではなく「負の側面」にも切り込んでいく姿勢を見せなければ,そのコンテンツに公共的価値を見出すのは難しい.それができないのならば,オリジナル記事の生産などやめて,純粋なキュレーションサイトに戻ったほうがいいのではないか.
287Picks
米高級ブランド「コーチ」、来秋までに毛皮の使用中止へ
CNN.co.jp
大田 比路個人投資家
現在の国際社会においては、動物の処遇をめぐって、アニマルライツ(animal rights)とアニマルウェルフェア(animal welfare)という2つのイデオロギーが存在する。アニマルライツは「人間の利益のために動物を利用してはならない」とする急進派であり、アニマルウェルフェアは「人間の利益のために動物を利用してもよいが、その際に動物に与える苦痛量・損害量は最小限に抑えていくべき」とする保守派だ。 この点、毛皮反対運動はアニマルライツに近い。リアルファーに一定の需要数があるのならば、従来のアニマルウェルフェアの観点からは許容されやすい。キツネやウサギを拷問死ではなく即死させており、しかも需要量以上の無駄な殺害数でなければよい(ちなみに、日本のイルカ殺し文化は、数分〜数十分にわたってモリで突いて殺す拷問死である時点でアウトだ)。 しかし、アニマルライツに基づけば、どれだけ毛皮が人類にとって有益なものであろうと、動物の利用そのものが悪なのだから、一切禁止すべきことになる。ちなみに、この記事に出てくるPETAは、毛皮反対運動を主導してきた組織の1つだけど、これはアニマルウェルフェア派の団体ではなく、れっきとしたアニマルライツ派の団体だ。毛皮反対運動は、従来のアニマルウェルフェアを超えたアニマルライツへと人類が進んでいく予兆のようなものを感じさせる。
NORMAL