Picks
463フォロー
830フォロワー
WHO ワクチン生産拡大へ“知的財産権の保護を一時停止に”
NHKニュース
との との自由人間 ŌGIRI☆倶楽部 見習い
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
世界各国議会の女性議員割合は過去最多25.5% 日本は1割未満
NHKニュース
との との自由人間 ŌGIRI☆倶楽部 見習い
単純な疑問として、女性の立候補が少なく、かつ(または)、女性が立候補者に票を投じないということじゃないのかしらん。 少なくとも機会は平等に開かれてる。 もしそうだとして、まず女性の立候補が増えるにはどうするかという点が大事なんでしょう。男社会の政党政治の害というのも分かるけど、女性議員さんも少ないながらおられるし、無所属で出る手もある。 こういうのは、男女平等に熱心な方ではなく、そうではない女性の意見をよく聞かないと分からない。男性の意見は聞くまでもなくわかる。 追記 さすが政府は統計取ってますね。 https://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h27/zentai/html/zuhyo/zuhyo01-01-01.html 平成になり次第に女性議員の比率は上がってる。 最新で言えば、立候補者の16.6%が女性で、当選者の9.5%が女性。 ひっくり返すと、男性は立候補者の83.4%で当選者の90.5%。 女性では、立候補者より当選者の比率が下がり、男性では上がる。 この年の候補者数は約1,200人なので女性200人、男性1,000人。 衆議院は定数465人なので女性44人、男性421人。 当選率は女性22%、男性42%。 この当選率の差が何に由来するのか分析が必要ですね。 いろいろ想定はできるけどどうかなあ。 例えばこの年、女性候補者率が最も高かったのは幸福実現党の45%。 ついで日本共産党の25%。 そして、自民党12%、民主党(当時)15%。
108Picks
NORMAL