Picks
309フォロー
46009フォロワー
内閣支持率、最低の34% 接種計画「順調でない」65%
日本経済新聞
四方 藤治M&A イノベーション コンサルティング 代表
新聞・テレビによる「世論調査」によって政策を変えることが必ずしも「正しい」訳でもなく、「世論調査」には法的な効果も強制力もない。 施政者への参考情報ともいえるし、国民への参考情報ともいえる。 いずれ、IT技術の革新によって、政策ごとに、有権者の直接投票が実施されれば、「世論調査」の有用性はなくなるか、激減する。 そうすると、従来からある「世論調査」の胡散臭い点が際立つてくる。投票が政策を決定してしまえば、「世論調査」の役割は参考情報ではなくなるからだ。 「世論調査」にみられた、「情報の与え方」、「質問の誘導」、「回答の仕方」の胡散臭さが、今度は、「投票」の胡散臭さになる。 投票で有権者の判断をあおぎ、決定をするものを、誰もが、正しく理解し判断できるように、切り分け、表現できるかといった問題が顕在化する。 「投票」について、現在、法が定めているのは、形式・態様であって、実質ではない。 いいかえれば、法は、「人気投票」や「アンケート調査」のようなものでも許容するが、有権者がはたして「投票」で問われているものを理解できているかどうかには関心がない。 かえって、全ての有権者が理解できている擬制し、あるいは、見なすことで、この点をスルーしている。 この、本質的な問題を、我々は、ずっと触れずにいる。
117Picks
『アホ』『クソ』という言葉は雰囲気に甘えた不適切な発言… 五輪組織委・夏野剛参与が謝罪 「甘えではなく本音でしょ」と反発も
中日スポーツ・東京中日スポーツ
四方 藤治M&A イノベーション コンサルティング 代表
実際に番組を聞いていないので、自信はないが、無観客の決定は、他でもなく、自民党による選挙対策だったといいたいのだろう。 さらに、「アホな国民感情」と断定したそうだが、国民が感情をもつことが「アホ」なのか、自分(夏目氏)と違う感情をもつことが「アホ」なのか、どちらなのだろう? 私も「アホな国民感情」をもつ一員として、中止ではなく、ダラダラの「無観客」開催の決定は「アホ」な判断だと思う。 それが、選挙対策になるのかは知らないし、自民党に有利になるかどうかも知らない。オリパラの結果と選挙は別次元の話で、選挙には関係がない。自民党の選挙対策とはそんな大衆迎合的なものなのだろうか? オリパラに浮かれるほど、感染拡大の現実は優しくない。 ましてや、巨額な損失と施設維持費の負担という、重荷を背負わなければならないことを突き付けられると、淡い夢もすぐ消える。 夏目氏がどういう人かは知らないが、媒体がその性質上(雰囲気に甘えて)、炎上しやすいことを知ったうえでの発言だから確信犯的だろう。 自民党の「アホ」な判断への批判を国民の「アホ」な感情への批判にすり替えたのが間違えだった。 別件のホロコースト問題では、自民党議員の指揮命令系統の逸脱も非難された。であれば、夏目氏も参与なのだから、まず、組織委に直言すべきで、全く別の媒体で発言したのは、指揮命令系統の逸脱だと非難すべきだろう。でも、された節がない。 この人達の、団体ガバナンス観は不思議でならない。 自民党批判でなければ、国民批判も自由だというのだろうか?
NORMAL