Picks
14フォロー
15フォロワー
東京五輪、海外客受け入れ見送りで調整 コロナ拡大懸念に配慮
毎日新聞
データがない、それでもファクトフルに経営判断するには?
日経ビジネス
兵頭 卓アットストリームコンサルティング株式会社 マネージャ
【備忘メモ】 >いい未来を創るために、ファクトそのものや、ファクトが指し示している未来を見てほしい。ファクトは数字だけではありません。論理的にほぼ明らかなこともファクトレベルだと僕は思います。 FACT⇒事実=事の真実。 真実とは、一般的には、他者との関係性を前提に社会で合意して共有できる、公的かつ社会性を有すると判断される事柄。 人間は社会的動物であり、真実の提示や自明な範囲で皆で一致し、共有されるべき事が求められる対象だが、私的かつ個人的な範囲では他者と一致していなくても、その人物の主観という範囲での合意として真実とも言える。 人間が社会的動物として生きると言う前提がある以上、その趣での真実は他者との社会的な関係性の中で個人的な主観が許されない場合は真実とはなりえないリスクもあるが、逆に言えば相手との社会性を醸成するためのコミュニケーションを通して事実としていくも可能と言える。 そのコミュニケーション基盤には、これもまた社会的合意に支えられた言語のパーツと言える論理を当て嵌めることで、しばしば事実としての蓋然性が強化される。これが創るという行動を包括的に支持する意志と整理されるか。
365Picks
NORMAL