Picks
33フォロー
96フォロワー
20年死亡者、11年ぶり減 出生数は最少87万人―人口動態統計速報:時事ドットコム
時事ドットコム
マイアミ市長、ビットコインで職員給与支給を提案-仮想通貨で納税も
Bloomberg.com
「MMT」に対する財務省のあきれた見解 - 高井崇志(タカイタカシ)
選挙ドットコム
中村 真二お試し移住シェアハウス「わっしょいハウス倶楽部」 代表
一見もっともらしい台詞のように見えてしまうが根本的に間違っている。 >【角田次長】財務省はMMTをまともな理論だとは思っていない。経済学者の間で論争がある政策を我々は採用できない。「実験的にやってみて失敗した」では済まない。 などといってるが、いま採用している主流派経済学だって経済学者の間で論争があるし、そもそも、いま現実として、主流派経済学は経済政策に失敗し続けている。実験的どころか確実に、失敗し続けてる経済政策を採用してるのだ。 しかし、高井さんの側のMMTの説明もおかしい。本当のMMTは「インフレ2%越えたら財政支出を抑えればいい」などとは言ってないはずだ。高井さんの論はMMTというよりは単なる反緊縮論だ。 日本では何故か反緊縮とMMTが同時に語られてしまうが、これは多いに危惧されなければいけない。 反緊縮に偏ったMMTでは貨幣の価値が不安定化する。そこで被害を受けるのは経済弱者である。 本当のMMTは反緊縮よりも貨幣の安定性のほうを優先する。だからJGPがある訳だけど、日本のMMT論者は何故かJGPをあまり語らず、反緊縮ばかり言う。そのほうが政治的なウケは良いからそうするのだろうけど、国民側も賢くならないと、結局「反緊縮に偏ったMMT」では経済弱者は困窮する未来がやってくるのだ。
一律10万円の再給付「するつもりはない」 麻生財務相
産経ニュース
NORMAL