Picks
108フォロー
12591フォロワー
中国ジャンク債に危険信号、利回り急上昇
The Wall Street Journal
高口 康太ジャーナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
5Picks
【グラフで分かる】今年最大の上場「DiDi」の3つのポイント
NewsPicks編集部
高口 康太ジャーナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
437Picks
「半導体不足」と「国の力」
Impress Watch
高口 康太ジャーナリスト
ソニーは「自社だけでロジック半導体の工場を作るつもりはない」(清水氏)という。 では合弁なのか? 清水氏は、「国際的な半導体の安定供給、という観点での一般論」と断った上で、次のように解説した。 「40nm・28nmといったプロセスは、すでに減価償却が終わった生産ラインでもある。これから新しく工場を作った場合そこから償却が始まるので、海外勢に対しコスト的に競争力がなくなる。もし、そこに金銭的サポートが国から得られるスキームであれば、安定供給にも国際競争力としても意味がある」(清水氏) TSMCなどの半導体製造企業は、幾世代にも渡って半導体の生産ラインを準備している。1つのラインを作るには数千億円単位のコストがかかる。だが、前述のように半導体には色々な種類がある。最先端のものはもちろんだが、その後もニーズはある。一度作ったラインの設備を使い、価格が安く利益率は低いものの、よりニーズの高い半導体向けに回していくことで、投資効率を最大化しているのだ。 ラインを作れても、減価償却を含めたコストを考えると競争力の問題が出る。先を走る製造企業に追いつくには、一気に費用を積んで不利をカバーするしかない。 これまでは、あえてそこで無理をするところは少なかったわけだが、地政学的なリスクが生まれ、半導体不足が各メーカーの経営に大きな影響を与えるのが見えてきたため、「国の側がリスクヘッジとして支援する」流れが見えてきたのだ。
264Picks
【3分まとめ】アリババが赤字転落。中国IT大手の最新決算
NewsPicks編集部
高口 康太ジャーナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
495Picks
監視カメラ大手ハイクビジョン、中国軍と関係
The Wall Street Journal
高口 康太ジャーナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NORMAL