Picks
212フォロー
696フォロワー
大企業社員「テレワーク、めっちゃしんどい」の現実 あなたの会社の社長がテレワークを拒む理由とは?
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
林原 麻里子AIGジャパン・ホールディングス/AIG損害保険 執行役員兼広報部長
テレワークが「めっちゃしんどい」のは大企業社員よりも、むしろ中小企業社員の方ではないだろうか。 大企業は比較的DX環境も整備されているはず。電子契約書や電子捺印にシフトして対応した企業も多数。社員がテレワークに必要な機器を購入するための補助金を支給した企業もある。大企業には大きなITチームがあるからということテレワークにシフトしやすかった要因だと思う。 「めっちゃしんどい」ことと関連があるのかは別として、「3割前後の社員が上司・同僚からの評価、サボっていると思われていないかなどを気にしている」そうだが、これはテレワークだろうがオフィス勤務であろうが、当たり前のことなのでは。 私自信もテレワークで、部下も全員テレワーク。これで困ったことはこれまでにない。 それぞれがどう時間を使おうが一切気にならない。スピーディーに成果物を出してくれればそれでいい。「サボっている」社員はリモートでもすぐにわかる。その時は仕事の雑さを指摘すればすぐに改善するものだ。オフィス勤務でも一緒。要するにコミュニケーションが肝要だ。 これから重要なのは、アフターコロナの働き方としてさまざまな選択肢があることだと私は考えている。 ポストコロナにはBack to Officeの動きが加速するかもしれないが、労働時間内は会社にいるべきだ、という古い考え方のトップや幹部も少なくないだろう。 働き方の多様性が生産性や社員のやる気を上げるということのエビデンスが示されることで、自由なワークスタイルが認められればいいと思う。
573Picks
NORMAL