Picks
310フォロー
3326フォロワー
「中森明菜」のシングル曲で好きな曲はなに?【人気投票実施中】
ねとらぼ調査隊
鈴木 智幸ŌGIRI☆倶楽部 見習い/ BtoB企業 製品担当
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
マツダがエンジン残しつつ「電動化」狙う納得の訳
東洋経済オンライン
鈴木 智幸ŌGIRI☆倶楽部 見習い/ BtoB企業 製品担当
ロータリー復活は決してみんなが思う様なカタチでは無いと思うが。 ロータリーは燃焼室が変化しながら燃焼する為、放熱は有利だから水素向きだが、その分熱損失が大きい。 要はエンジン単体として熱効率が悪い。 発電専用のレンジエクステンダーなら、ロータリーにこだわる理由もそこまででは無い様な。 ちなみに、デミオEVにロータリーエンジンのレンジエクステンダー搭載試作車は2013年に公開しています。 https://autoc-one.jp/mazda/demio/report-1598281/ 330ccの発電専用ロータリーをスペアタイヤスペースに搭載 これぞロータリーの面目躍如って感じですが。 8年前にここまでできてるのに未だに販売されないのは、やはり信頼性が確保できないためか。 実はマツダのロータリーは一部の例外を除き、10Aから13Bまでハウジング内径は同じ寸法、同じトロコイド曲線、同じ偏心量[レシプロのストロークに相当]。 (FFルーチェ用に少数生産した13Aと、東京モーターショーに参考出品した16Xのみ異なる) エンジン幅変更[レシプロのボアに相当]のみで排気量を変えていた。 ってことは、アペックスシールなどの設計はさほど変えていない。 小型化するなら、トロコイド曲線のハウジング設計、アペックスシールなどもやり直し。 この信頼性を一から確保するのは大変では無いかと思う。
NORMAL