Picks
304フォロー
3315フォロワー
【削除されました】養殖物2021年3月7日(日)
note(ノート)
鈴木 智幸ŌGIRI☆倶楽部 見習い/ BtoB企業 製品担当
スイフトスポーツ(ZC33S)試乗記3 続き… 前述したように歴代スイフトスポーツは自然吸気エンジンだったが、4代目はスズキの名機K型エンジンを直噴ターボ過給した、K14C型ターボとなった。 バレーノやクロスビー、スイフト通常モデルで採用されているK10C型3気筒直噴1Lターボの1.4L4気筒版だ。 元々エスクード用だったこのエンジンを専用チューニング。 最高出力は140馬力を5500回転で発生させる。この数値から見てもわかる様に、決して高回転型ではない。 トヨタならRAV4用M20エンジンだって6600回転で最高出力を発生する事を考えれば、スイフトスポーツのK14は意外に低速型だ。 別の言い方をすると、カタログ馬力を稼ぐトヨタと、実効馬力で勝負のスズキか。 実は、このK14ターボの馬力はかなり綿密に練られた数値では無いかと思っている。 この軽量な前輪駆動の車体として、トラクションコントロールが介入しない最速のラインがココではないか、そう考えている。 変速機は6速MTと6速ATが用意される。 先代はATにCVTを採用していたが、6ATにしたのはターボエンジンによる高トルク対応か。ターボのK10CもK14CもATはこの6速ATを採用している。 いずれにせよCVTですらステップ変速制御している現在、ステップ式ATは扱い易いのは間違いない。 ただ、本命はやっぱ6速MTだろう。 クロスレシオの6MTをワザワザ用意してるのだから、コレに乗らない手はない。 販売台数は6MTと6ATで半々。ATが大多数の現在、こんなクルマは珍しい。 続く…
64Picks
スバル、新型「レヴォーグ」の制動装置に不具合 計1万2094台リコール
Car Watch
鈴木 智幸ŌGIRI☆倶楽部 見習い/ BtoB企業 製品担当
やっちまった。 一番出してはいけない不具合。今年一の重大リコールだろう。 レヴォーグは電動ブレーキブースター採用。 ブレーキペダルのストローク量を検知して、電動でブレーキブースター(油圧系統)を作動させる。 要はペダルとブレーキマスターは電気的に連携する事実上バイワイヤ式(機構的に繋がってはいるが、フェイルセーフ用と思ってよい)。 当たり前だが、ペダルストローク検知に不具合があれは、ブレーキは正常に作動しない。 恐らく不具合検知すると、セーフモードのブースター無しでブレーキは使えるが、突然ブースター無しになって正常に止まれる人は少ない。力一杯踏んで漸く止まるレベルなのだから。 知らない人はパニックだろう。いつも通りのブレーキが効かない。 タチが悪いのは、アイサイトなどクルーズコントロールはブレーキ操作でOFFになる。コレも検知しない可能性がある。 クルコンで誤って高速設定でオンにし、暴走した時ブレーキ踏んでもクルコン解除されずエンジンは加速、ブレーキもほとんど効かない、と言う最悪のシチュエーションすらあり得る。 私ならディーラーで正常確認取れるまで乗らない。 もしレヴォーグオーナーだったら、ディーラーまで乗るのも無理だから引き取りをお願いする。 スバル内部はこの不具合を知った際、怒号飛び交う修羅場だったんではないか。 発売したレヴォーグのほぼ全台が対象だし。 〈追記〉 Mani Gさん コメントありがとうございます。 そう言えばトヨタもアドヴィックス(旧住友電工)からボッシュに切り替えたりしてましたね。 レヴォーグ以外にも拡がると恐ろしいですね。。
19Picks
EV Startup Launches Battery-Replacement Charging Network - World-Energy
www.world-energy.org
鈴木 智幸ŌGIRI☆倶楽部 見習い/ BtoB企業 製品担当
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
NewsPicks カイゼン報告 2021.03.06
NPコミュニティチーム
鈴木 智幸ŌGIRI☆倶楽部 見習い/ BtoB企業 製品担当
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NORMAL