Picks
12フォロー
18783フォロワー
【超図解】物流をつかさどる、魅惑の「コンテナ」の世界
NewsPicks編集部
土屋 武司東京大学 大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻 教授
「コンテナ物語」 https://amzn.to/3crMQId は面白いよ。 1956年,アメリカの陸運業者マルコム・マクリーンは,コスト削減と交通渋滞回避のため運賃の安い沿岸航路に目をつけ,トラックから「箱」だけ切り離して船に載せるアイデアを思いつき実行する.今からすると単純な発想のように思うが,そうは簡単に進まない.昔の映画の波止場のシーンを思い浮かべてみる.馬やクルマや人が絶えまなく騒々しく行き交い,喧噪が絶えない光景.船の荷揚げ荷下ろしの作業は多くの労働力を要する仕事であり,沖仲士と呼ばれるこれらの港湾労働者は体力自慢の荒くれ者が高賃金を稼ぎ出す花形の職種であったのだ.しかしコンテナの登場により,彼らの仕事は消滅の憂き目に合う.コンテナに積み込まれた貨物は,クレーンを使い,わずかの時間で積み下ろしが可能となった.そこに労働力が介在する余地はなく,職を奪われた沖仲仕の組合は抵抗した.また当局も陸上,海上輸送の兼業の禁止を盾に抵抗した.しかし結局,ひとつの職業が消滅した.既得権益を打破することはいつも難しい.マクリーンは類まれなる実行力で困難を乗り越え,次々に船会社を買収,ベトナム戦争では軍事物資の輸送に食い込み,世界最大級の海運業者に飛躍する.しかし,コンテナの将来性を全ての関係者が理解できたわけではなく,それによって港とそれを抱える町の発展に明暗が生じることになった.コンテナは国際標準化され,米国,欧州,日本,韓国,シンガポールなどは巨大なコンテナ専用埠頭を設置し,グローバル経済を支える構成要素となる. 「コンテナ」は20世紀最大の発明品の1つといわれる.貨物船が接岸すると,停泊時間を短くするために(船舶にとって停船時間は無駄コスト),岸壁にそびえ立つ巨大な「ガントリークレーン」(通称「キリン」)によってコンテナを決められた順番で素早く積み降ろしする.これが現在の貨物船の荷役作業である.また同じコンテナはトレーラー,貨物車,飛行機にも搭載される.
1400Picks
【超解説】なぜ今、ゲイツとバフェットは「原発」を作るのか
NewsPicks編集部
土屋 武司東京大学 大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻 教授
溶融塩冷却炉についてはこちら. https://newspicks.com/news/2157758?ref=user_2112738 ほかにも,日本原子力研究開発機構が進める高温ガス炉などがある. https://newspicks.com/news/5807587?ref=user_2112738 日本は福島第一原発事故を受けて原子力を避けるのではなく,その経験から安全な原子炉研究に力を入れ,世界に貢献すべきです.そういう方向に向かわないのが残念でならない. 今後,大型集中電源から分散化、地産地消が進む中で,原発も小型モジュール化されていくことになります.現在の原子力発電施設は大型で複雑,発展途上です.今後,小型化,モジュール化されていくでしょう. 例えば,町単位,さらにはマンション数棟あるいは数百から数千世帯だけに電力を供給する超小型原子力発電装置も開発されていくと考えます. ちなみに,リスクについてですが,人間は火を使い始めて数十万年経ちましたが,未だに火事が起きて人が死ぬこともあります.原子力も使用を始めて数万年経っても頻度は少ないものの相変わらず事故は起きているでしょう.それと並んで,放射線に関する研究,技術も進むでしょう. 核変換技術にも期待します. ビル・ゲイツのような影響力と資金を持った人に期待大です.
1091Picks
NORMAL