Picks
122フォロー
42フォロワー
日本企業でSDGsが進まない決定的な理由は、経営理論で読み解ける【入山章栄】
Business Insider Japan
長山 清子フリーランスライター
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
【岸本拓也】技術やプライドは邪魔。職人から「食人」主導の店へ
NewsPicks編集部
【岸本拓也】外資系ホテルを辞めて、パン屋を始めた理由
NewsPicks編集部
長山 清子フリーランスライター
この記事を担当したライターの長山です。 お読みいただき、ありがとうございます。 大学在学中はスナックでアルバイトをしていた岸本さん。 「女性を口説いているお客さんのところには、あえて灰皿の交換に行かない」。 若いときから引き算の接客ができるあたり、只者ではありません。 ボーナスを全額使って、本場の一流レストランを制覇したというエピソード。 よく言われることですが、若いときは「経験」にお金を使うのが、いちばんリターンのいい投資なんですね。 考えてみれば、若い人たちを勉強のためにフランスに連れて行った畦地さんも、自分のプライベートな時間とお金をつぎ込んでいるわけで、なかなかできることではないと思います。 独立にあたり不安はなかったということですが、じつは私がフリーになったときを振り返ってもそうでした。 人間、自分にできないことは、そもそも発想すらしないのではないでしょうか。 ということは、「独立しようかな」と思った時点で、かなりやっていける確率は高いと思っていいのでは。 もちろん甘くはありませんが……。 では、どんなふうに甘くないのか。 岸本さんを待っていた甘くない現実は、明日くわしくお届けします。
374Picks
【岸本拓也】変な名前の高級食パン屋をプロデュースする男の正体
NewsPicks編集部
長山 清子フリーランスライター
構成を担当したライターの長山です。お読みいただき、ありがとうございます。 いまからおよそ1年前。埼玉県さいたま市のJR武蔵浦和駅からちょっと離れた場所に、大行列ができているお店がありました。「君とならいつまでも」と大きく書いてあるものの、これがパン屋さんの名前だとは思えず、半信半疑のまま1時間ほど並んで買ってみたら、超おいしい! それからしばらくして知人に「口どけの朝じゃなきゃ!!」と書かれた紙袋に入ったずっしりと重い食パンをもらいました。ロゴの感じといい、変わった店名といい、そして何よりパンの味が似ている。調べてみたところ、浮かび上がったのが岸本さんの存在でした。 そのときはそのまま忘れていたのですが、後日、千葉県市川市で「だきしめタイ」というお店を発見。そこで「こんなお店を次々に出してる人がいますよ。取材しませんか?」とNPの上田真緒さんに持ちかけたところ、上田さんも自宅そばの「変な名前の高級食パン店」が気になっていたというではありませんか! そういうわけで念願かなって、岸本さんの謎を心ゆくまで解き明かすことができました。 なにしろあのファッションですから、お会いするまでは心臓バクバク。ところが実際の岸本さんは、開口一番、「昨日まで九州に行ってました~。どうぞ~」と博多名物「にわかせんぺい」をくださったばかりか、すぐに編集者、カメラマン、ライターの名前を覚えて呼んでくださるという気配りの達人だったのです。 明日は「えっ、そうだったの!?」という岸本さんの過去が明かされます。ぜひお読みください。
819Picks
おうちジム、スマホ旅行「コロナ後も生き残るサービスと消えるもの」の決定的違い - 「制約」はイノベーションの源泉
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
長山 清子フリーランスライター
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
NORMAL