Picks
102フォロー
359フォロワー
【独占】本田圭佑、ファンド崩壊の反省を語る
NewsPicks編集部
茂田井 純一IPO支援/公認会計士/アカウンティング・アシスト 代表取締役
各人それぞれ言い分がありますし、外野からは事実は分からないですが 双方共通で認めてるのは、溝口氏の個人会社が72万の家賃を負担して給与天引し、見合いの報酬150万を事業会社2社から徴収してたこと スキームとして法的・税務的に問題はないんでしょうが、信頼関係築くための適切性とそれを担保するガバナンスの問題は残るのかな。 この家賃額に対する価値観の相違が、根本的な要因のひとつに思いました(他の経費の使い方の相場感にも影響してるかと)。あまり高いと私物化を疑いますよね。 適切な家賃額なんて一律に決まるものではないので一概にダメとは言わないですが、ファンド組成から数ヶ月でキャピタルゲインもない状態では、少々過大に感じる方が多いと思います 「金主が納得しないかも。予め必要性を説明しとこう」 「誤解受けないよう、お金使う時の水準気をつけよう」 その姿勢をもって日々事業運営を行っていれば、はじめからあらぬ疑いをかけられなかったんじゃないかな…と ただ、月額150万円貰っていたのは、他のお二方も一緒なので溝口さん1人を悪く言う立場ではないかなとは思いますが。 追伸 老婆心ながら、同じ士業として守秘義務が大丈夫なのか気になってしまいます…
1401Picks
NORMAL