Picks
503フォロー
267フォロワー
ノック11本目:自分から動くことで人を動かすリーダーシップ100本ノック  ~伝説の開発プロジェクト~(前編)
note(ノート)
池田 祐輔アルー株式会社 取締役 執行役員
アルーの研修プログラム開発ノウハウを公開するnoteを更新しました。 「自分から動くことで人を動かすリーダーシップ100本ノック」という、アルーの中堅社員向けプログラムの開発のストーリーをご紹介させていただいております。(先週公開の前編に続く、後編になります) ※前編はこちら→https://note.com/ikeyu780625/n/n045698be3ef8 若手社会人の方(入社3~5年目)を対象としたリーダーシップ研修でして、アルーを代表するプログラムの一つです。 ==<本研修開発のポイント(DNA)>=== ・DNA51:ラーニングポイントが書籍に落ちていないテーマは、インタビューを重ねて創り上げる ・DNA52:売った人、創る人、進行管理をする人でプロジェクトチームを創る ・DNA53:ラーニングポイントはキャッチーなタイトル付けをする ・DNA54:世の中にあるインパクトのある演習を元ネタにして、設定を全部作り変えることでオリジナルにする ・DNA55:アルーのコンセプトを体現するメッセージを発信する ===================== 研修プログラムの開発などに携わられる方にぜひご参考になれば幸いです!!よろしければシェアの程よろしくお願いいたします。
3Picks
シンガポール技能資格認定制度WSQと「日本版WSQ」実現に向けて
note(ノート)
池田 祐輔アルー株式会社 取締役 執行役員
<シンガポール「WSQ」ってご存知でしょうか?> 皆さんはシンガポールの「WSQ」という制度をご存知でしょうか。WSQはシンガポール政府が運営する技能資格認定制度です。 ・シンガポール政府によるシン職業能力訓練による労働者の高技能化・生産性向上政策の一つ ・30業種以上に対応した人材育成要件を設定 ・教育ベンダーは対応するコースについて認定を受け、サービス提供が可能(認定審査は厳しいです) ・受講者および派遣元企業は最大で95%の助成金が支払われる ・労働人口の10%以上が毎年受講しており、年々伸びている アルーは現地法人アルーシンガポールにおいて、このWSQ認定講座を提供しています。日系企業として唯一のサービスベンダーです(この点に間違いがあればご指摘ください) このWSQは国家レベルで人材の競争力向上につながる、大変参考になる事例と考えておりまして、今回その概要についてnoteでご紹介させていただきます。 私と当社代表落合は、こうした仕組みをぜひとも日本においても有効な形で取り入れた「日本版WSQ」の実現ができればと願っております。 ぜひご関心ある方はご一読いただけますと幸いです。また本構想にご協力いただける方はぜひご連絡等をいただけますと嬉しく思います。 ※記事において調査不足から不正確な点がありましたら申し訳ございません。ご指摘をいただければ訂正をして参りたいと考えております。
3Picks
ノック10本目:ネゴシエーション100本ノック ~機能とアートの融合~
note(ノート)
池田 祐輔アルー株式会社 取締役 執行役員
アルーの研修プログラム開発のノウハウ公開noteを更新しました。今週は交渉術を身に着ける「ネゴシエーション100本ノック」というプログラムの開発ストーリーです。 ================= ネゴシエーション100本ノック 開発における教訓 ●DNA46:ラーニングポイントを作る際には、書籍・競合情報を徹底的に解読する ●DNA47:実話に基づくケーススタディストーリーを創る ●DNA48:ケーススタディの登場人物は、実在の人物をモデルにする ●DNA49:受講者レベルに合わせた研修への参加ができるように、レベル別の取り組み方を明示する ●DNA50:受講生の所属する業界と近いケース設定を作る場合は、現実から乖離しないようにする ================= 本編でも書きましたが「交渉」のケーススタディを作るのは苦労しました。所詮研修なので、真剣に交渉をしていただけないんですよね・・・・。そうした致し方ない状況の中で、如何に本気で取り組んでいただけるかの仕掛けづくりが、本開発のKeyPointでした。 研修開発やワークショップ開発、セミナー企画などのお仕事に携わられている方に、参考になる内容であれば幸いです。
1Pick
NORMAL