Picks
331フォロー
6037フォロワー
【直撃】世界の果てまで、共同投資する謎のファンド
NewsPicks編集部
洪 由姫NewsPicks 編集部(シリコンバレー支局長)
2020年、ラテンアメリカへの投資は過去最高の488件に達しました。41億ドルが流れ込んだことになります。ソフトバンクビジョンファンドをはじめ、海外のVCたちのお金が入っています。コロナ禍でありながら、かなり好調。VCたちが、コロナでオンラインになり、海外案件への投資にさらに目を向けたことも後押ししているようです。 エンデバーは、誰もがラテンアメリカ、中東に可能性を見出す前に起業家を育てたこれまでの歴史があります。それが今、時代を経て起業家がそれらの地域から育ち、ネットワークを豊かにしている様子がよくわかりました。 Rappiも今は誰もが知る南米発のスタートアップですが、エンデバーで採用された時はその前身のGrability と言う企業でした。彼らのビジネスアイデアをさらにブラッシュアップさせるために世界有数のアクセラレーターのYコンビネーターに行くべきだと言って送り出したのもアレン・テイラーをはじめとするカタリストです。そこで今のRappiが生まれました。 VCやアクセラレーターの性格とは違う組織だからこそ、ライバルにはならずおいしいところを利用できるのも組織がうまく回っている理由なのだと感じます。 ちなみに、ハーバード大学合格より難しい(12%)エンデバー企業への選抜(2.3%)。日本からもWHILL、Sansan、ラクスル、ユーザベース、セブンドリーマーズが選ばれています。
329Picks
【解説】決算書=企業の成績表を読み解く方法
NewsPicks Studios
洪 由姫NewsPicks 編集部(シリコンバレー支局長)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2130Picks
【白熱】ヴィーガン市場の次なる戦線は「代替ミルク」
NewsPicks編集部
洪 由姫NewsPicks 編集部(シリコンバレー支局長)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
688Picks
NewsPicks、3つのアップデート
NewsPicks編集部
洪 由姫NewsPicks 編集部(シリコンバレー支局長)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
233Picks
【解説】基礎から学ぶ「IPO」の最前線
NewsPicks編集部
洪 由姫NewsPicks 編集部(シリコンバレー支局長)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
912Picks
【保存版 Q&A】科学が教える、若さをキープする7つの技術
NewsPicks編集部
洪 由姫NewsPicks 編集部(シリコンバレー支局長)
山田医師のお話で、全ての質問で共通していたのは「これをすればいい、この数字にすればいい」というものは、科学的な根拠を示してなかなか導き出せないということ。 言われてみれば、タバコを吸っている人と吸ってない人ではそもそも同じものを食べたり、運動をしていたとしても、結果が「タバコ」によって変わってくるかもしれないし、長年データを取るとなると、様々な要素が加わってきて、純粋に取りたいデータが得られない可能性が高まってしまいます。長寿と食事、運動と見ていくと、因果関係を示すのがそもそも非常に難しいことが理解できます。 また、「若くいるために手っ取り早くできるものはあるか」とさらに雑な質問をしてみたところ、山田医師の回答はズバリ、「魔法のような方法はない」でした。 しかし、科学的根拠に基づいたものとして寿命を伸ばすものは、「ガン検診、予防接種」ですとも強調されています。この二つは大きく命を守ってきたエビデンスがあるというのです。また、若くいる、元気に長く生きるといった時、それは身体的なものだけでなく、心の側面「生きがい」も必要だとお話しされていました。 アメリカでは2017年、Ikigai: The Japanese Secret to a Long and Happy Life (English Edition) という日本の沖縄の長寿に注目した本も話題になりました。
1555Picks
ワクチン接種率100%を目指す「ドーナツ作戦」
NewsPicks編集部
洪 由姫NewsPicks 編集部(シリコンバレー支局長)
アメリカではワクチン接種が頭打ち、との話があり、各社、また自治体がいろいろな驚きの施策を打ち出しています! その中でも度肝を抜くのが、オハイオ州の宝くじシステム。ワクチンを少なくとも一度受けた人を対象に、約5億円をプレゼントするというものです。 5月26日から1週間に一人づつ、5週間に渡って5人のラッキーパーソンが選ばれるのです。参加したい。。。 これ行き過ぎなのか、もう訳がわかりません。実際にオハイオ州のワクチン接種比率は42%(一度だけ受けている人を含む)。州知事が比率を上げるため必死に繰り出した策ですが、これは日本から見るとどう見えるでしょうか。 またこの他、ホワイトハウスはLyftやUberと提携してワクチンセンターへ向かうライドシェアを無料にしました。(ぽっぽの収録の時は、Uberなどが独自にオファーするディスカウント止まりでした!) NYは、動物園や植物園への無料チケットを提供したり、シカゴは22日から、完全にワクチンを打ち終わった人向けのコンサートを始めるとしています。 またワシントンDCではD.C. Marijuana Justice (DCMJ)という大麻の法整備を行う団体が、ワクチン接種した人向けに“Joints for Jabs(注射をうった人へ葉巻きを)キャンペーンを実施。同様の動きはNYを含む他の都市にも広がっています。 少しでもワクチン接種比率を上げようとする各所の試み、あまりに日本と違いすぎて、さまざまな意味で興味深いです。
320Picks
NORMAL