Picks
137フォロー
13495フォロワー
【超入門】なぜ、IPO株は儲かるのか?
NewsPicks編集部
Kenji A米系運用会社 シンガポールオフィス
特集全体を通してVCを含む既存投資家寄りの立場からの内容が多いように感じるので、実際IPOで購入するサイドの機関投資家の立場からコメントします。 最も大事なのは創業者/経営陣が将来どういう株主構成にしたいかです。個人投資家中心に持ってもらいたい、複数の機関投資家に長期で持ってもらいたい、海外の類似事業に理解のある海外投資家に持ってもらいたい、などなどです。IPOした後では株主を選べる機会はほとんどありません。抜けていくVC持ち分をどう埋めるか、どういう投資家に代わりに入ってもらいたいかは経営陣自身がIPOに臨むにあたって考えるべきことです。 日本のIPOの大半を占める時価総額50億円以下のIPOで公開価格と初値の差が大きいとか、正直そんなマイクロIPOをやる方が悪いと私は思います。時価総額50億円って私なら会社丸ごと買えちゃうレベルです。時価総額1000億円レベルの規模になれば証券会社なんか通さなくても直接機関投資家のフィードバックが得られるし、それに基づいたプライシングを求めることが出来ます。少なくとも時価総額500億円は欲しいところです。またIPO前にプレIPOロードショーをやって自分達は自社のバリュエーションをこう考えていますと投資家とディスカッションされることをオススメします。「ウチの会社どうバリューすればいいですかね?」と聞かれることはよくありますが、逆に「我々はこう自社をバリューしている」と言われることは実はほとんどないんです。なのでイメージしている価値と違うと言われてもこっちは困るのよね、そのイメージ共有されてないから。 マイクロIPOでしかもSPAC経由で上場しましたなんて日には、将来に渡っても機関投資家には見向きもされないリスクが大きいと思います。世界に何万社もある上場企業から投資先を選べるのに、わざわざSPAC経由でしか上場出来なかった会社なんかを見る必要がないからです。そこまでして上場する必要ある?ってのが私の考えです。 日本の場合、特に小さなIPOになればなるほど初値は実力とかけ離れたものになります。IPO宝くじに群がる個人投資家の需給の影響が色濃く反映されてしまうからです。VCは実力値より高い値段で需給が良好な時に売り抜けたいからロックアップが嫌だと言っている訳です。そんなわがまま知らねぇよ。
921Picks
NORMAL