Picks
735フォロー
57730フォロワー
インドからの入国、検査と待機日数増を検討 変異株猛威
朝日新聞デジタル
三井物産、マレーシアのIHHヘルスケア買収を検討-関係者
Bloomberg
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
IHHヘルスケアについては、過去に学術論文とNewsPicksで記事を書いていますので、そちらもご参照ください。 『ポスト・マハティール政権のマレーシア――政治と経済はどう変わったか――』(2018年、アジア経済研究所)所収の「第8章 マレーシア企業の多国籍化――途上国のサービス産業の海外展開――」 https://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Books/Jpn_Books/Sousho/634.html 本来は先進国が強いはずのサービス産業において、マレーシア企業が多国籍化に成功した事例を取り上げました。途上国企業でも多国籍化は起こっていましたが、ブラジルのペトロブラスのような「資源探索型」ばかりでした(マレーシアのペトロナスおよび関連会社も同様)。 しかし、医療という、いかにも先進国が強いはずの分野でマレーシアのIHHヘルスケアは病院経営分野の公開企業では時価総額トップ3クラスに入っています。その一端を三井物産による投資が担いました。トルコ(周辺国からの患者も来る)やインドといった新興国への水平投資をした事例です。他には、本来、規制産業で新興企業が横展開をしにくい航空サービス分野でのエアアジアをとりあげました。本論文は一部機関の方を除き、まだ無料ダウンロードがでず高価な本ですが、大学図書館や大きめの公共図書館などには書籍が入っていますので、ぜひ、ご覧ください。 先進国を念頭に置いた多国籍企業論の専門書や論文のフレームワークを新興国向けに修正し、アジア経済研究所の厳しい査読をクリアするのは非常に骨が折れましたが、過去に書いた論文では一番の力作です。専門論文ですが、できるだけ一般のビジネスパーソンにも読んでもらえるよう、丁寧に書いたつもりです。 また、NewsPicksではそのダイジェスト的な感じですが、下記の記事を出しています。 「三井物産も出資するマレーシア生まれの巨大病院ビジネス」 https://newspicks.com/news/1405036 また、スポンサード記事ですが事業概要が分かるものとして下記。 「2200億円の大型投資。ヘルスケアに賭ける三井物産の本気度」 https://newspicks.com/news/3966945
122Picks
【5月予告】グローバルに活躍する面々がプロピッカーに就任
NPコミュニティチーム
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
今月よりプロピッカーとして活動する機会を頂いた川端です。元NewsPicks/ユーザベース社員として、再びNewsPicksに関われることを嬉しく思っています。私が入社した2015年は有料ユーザーが数千名でしたが、今や約18万の有料会員、総会員は約500万人と主要メディアの一角となり、社会的な責任も重大になりました。コメントを通じてその一端を担うことができればと思っています。  専門のアジア情勢について「世界経済フォーラム2020」は、「アジアが2030年に世界の成長の約6割を占め、新たに生まれる24億人の中間層の9割を占める」と予想しています。日本もアジアであり、経済は深い結びつきがありながらも、理解すべきことがまだ多く残っています。コメントでは、データやファクトを基本としながら、もう一歩深く、新しい時代のアジアを理解するための「補助線」を引いていければと思います。 追記:あたたかいお声がけ、ありがとうございます。ご期待に応えられるようコメントをしていければと思います。創業者の梅田さんがNewsPicks立ち上げ初期のころに、下記のようなスピーチをしています。「発見の欲求」と「理解の欲求」。情報収集と分析をして情報を発信する側としては、こうした欲求に対して、センセーショナリズムに左右されずに、誠実に答えていくことだと認識しています。 https://logmi.jp/business/articles/23262
98Picks
日米韓、5日に外相会談 バイデン政権で初開催
共同通信
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
日米間のTISA(日米韓情報共有約定)、そして日韓GSOMIA(軍事情報包括保護協定)を通じて擬似的なトライアングル同盟が存在。以前、NewsPicksで解説記事を書きました。 https://newspicks.com/news/4168123/ 日韓GSOMIAはいったんはムン・ジェイン大統領が破棄の意向を示しましたが、その後、実際には破棄はされずに継続しています。そして、上記記事の通り、韓国ではGSOMIAについて進歩(ムン大統領はここ)と保守で意見がほぼ真っ二つに割れている事柄でもあります。韓国全体がGSOMIAや日本との防衛協力に反対しているかのように大雑把に書かれる記事が散見されますが、それほど単純な話ではありません。 ムン大統領の任期は後1年ほどであり、韓国大統領選が来年に予定されています(憲法で再選禁止)。最近は総選挙で野党の保守が圧勝し、ソウルと釜山という重要都市の市長選挙でも保守が勝利。その勢いを背景に、来年に保守の大統領が当選すれば、安全保障政策のスタンスが変化する可能性が浮上します。 まだ決定的な候補が現れたというには早すぎますが、検事総長を辞任したユン・ソギョル氏が世論調査では1位に躍り出ています。ユン氏はまだどの政党にも入っていませんが、ムン大統領の政策に反発して辞任したという背景をみると保守系へと向かう可能性が大であり、世論調査ベースでは保守政党「国民の力」の支持層から期待が寄せられています。なお、ユン氏の父は一橋大に留学経験があります(が、ユン氏自身がどの程度知日家はわかりません)。与党「共に民主」は有力者のイ・ジェミョン京畿道知事とイ・ナギョン前首相を一本化をしていませんので、次期大統領の予想にまだ決定打はありません。 米国をいかに朝鮮半島に関心をもたせ、プレゼンスを維持させるか、という点は日韓にとっての共通利益です。在韓米軍基地について韓国の負担は情報していますし、米国内では極東の安全保障にどこまで関与するかということはずっと議論になっています。万が一、米国が在韓米軍を撤退させることになれば、北朝鮮との防衛で矢面に立つのは在日米軍となります。 日本の国益にとっては感情論よりも、来年の大統領選の行方を考慮して大局観に立った冷静な判断が求められます。
18Picks
【データ解説】厳選17職種の「転職しやすさ」最新ランキング
NewsPicks編集部
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
国家公務員が衝撃の(予想通り?)0.2倍。ということは、5人に対して1つしか求職がない。確かに自分や知人の転職経験も考えると、国家公務員を欲しい、という職業を前提としての求人はとても少ないと思います。 国家公務員後は証券会社調査部門でしたが、当然、国家公務員経験者が欲しいという前提の求人ではありませんでいた。旧経済企画庁的なポジション経験者であれば例外かもしれませんが、私の場合は求人サイドで求めていたのが「新興国に詳しい人、土地勘のある人、データで分からない肌感を言語化できる人」という点でした。ただし、こうした点は求人票に書かれていたのではなく、エージェントの方が丁寧なヒヤリングで見つけ出したポイントで、私の経歴がマッチングしたという経緯がありました。 なお、証券会社のアナリストやエコノミストは転職が今ほど多くはない時代から流動性が比較的高い職種です。現在も、知人のアナリストが●●証券に移った、運用会社●●に移ったというのはそれなりの頻度で聞きます。少々特殊な業界かと思います。 リサーチ系の仕事は、よほどもうリサーチはやりたくないと本人が思わない限りは、基本的にほぼ一生リサーチか、リサーチ力を生かしたコンサルというキャリアパスになると思います。何が違うかと言えば、組織等によって求められるアウトプットが違う点です。ずっと証券会社でアナリストであれば、アウトプットの形は似通っていますが、自分の場合は求められるアウトプットの形が異なり、それに対してどのように出していくか、あるいは組織自身が気が付いてい新しい形を提示していくことは楽しい作業でもあります。組織自身が気が付いていない場合は、気づいてもらうために一定の粘り強さと結果も必要になります。
1045Picks
アカデミー賞に「ノマドランド」 監督賞も、マイノリティー躍進
共同通信
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
助演女優賞を受賞した韓国のユン・ヨジョンさんについても本記事で言及があり、こちらも注目される受賞です。助演女優賞をアジア人が初めて獲得したのは、1957年の「サヨナラ」に出演した日本のナンシー梅木(梅木美代志/ミヨシ・ウメキ)さん。当時は、アジア人として初のアカデミー賞各賞の受賞でもありました。今回は、ユン・ヨジョンさんが半世紀以上の時を経て、アジアからの快挙を達成しました。 「ミナリ」は「あれ、これで終わり?」と感じる人が少なくないかもしれませんが、キリスト教文化や当時の韓国の移民送り出し国としての背景、米国における移民社会という視点からみていくと深い視点が織り込まれています。とりわけ、キリスト教文化の視点。「パラサイト」はある意味で分かりやすい話でしたので、今年は対照的な韓国映画がノミネートされていることも印象的です。 ユン・ヨジョンさんのようなアジアの超ベテラン俳優が最高峰の映画賞の一つを獲得したことも意義深い。彼女は1947年生まれで出身は現在の北朝鮮領の開城市。過去のアカデミー助演女優賞を獲得した最年長受賞者は77歳ですから、ほぼそれに近い年齢。人生、いくつになっても花を咲かせられるという 韓国映画とドラマシーンにおいて、数々の名作を彩ってきた名俳優です。出演作はwikipediaにあります。数が多く全て観きれているわけではありませんが、見た範囲では印象的なのは、「ハハハ」と「バッカスレディ」、「女優たち」でしょうか。主演を務めた「バッカスレディ」は衝撃作の一つだと思います。「女優たち」も他の出演者も含め、心温まる作品でした。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A8%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3 英語版はより詳しく経歴や出演作等の情報が書かれています。 https://en.wikipedia.org/wiki/Youn_Yuh-jung ユン・ヨジョンさんの経歴については、早速下記のような記事が出ています。 https://sg.asiatatler.com/society/minari-youn-yuh-jung-south-korea-first-oscar-nominated-actress
292Picks
アカデミー賞助演女優賞にユン・ヨジョン氏 韓国人初の受賞
毎日新聞
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
下馬評でもかなり有力だとみられていたユン・ヨジョンさんが順当に受賞。「ミナリ」は「あれ、これで終わり?」と感じる人が少なくないかもしれませんが、キリスト教文化や当時の韓国の移民送り出し国としての背景、米国における移民社会という視点からみていくと深い視点が織り込まれています。とりわけ、キリスト教文化の視点。「パラサイト」はある意味で分かりやすい話でしたので、今年は対照的な韓国映画がノミネートされていることも印象的です。 ユン・ヨジョンさんのようなアジアのベテラン俳優が最高峰の映画賞の一つを獲得したことも意義深い。彼女は1947年生まれで出身は現在の北朝鮮領の開城市。 韓国映画とドラマシーンにおいて、数々の名作を彩ってきた名俳優です。出演作はwikipediaにあります。数が多く全て観きれているわけではありませんが、見た範囲では印象的なのは、「ハハハ」と「バッカスレディ」、「女優たち」でしょうか。主演を務めた「バッカスレディ」は衝撃作の一つだと思います。「女優たち」も他の出演者も含め、心温まる作品でした。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A8%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3 英語版はより詳しく経歴や出演作等の情報が書かれています。 https://en.wikipedia.org/wiki/Youn_Yuh-jung
4Picks
【緊急寄稿】作家・黒木亮が見た、ワクチン接種が進む英国の今
NewsPicks編集部
“J-POPが消えてしまった国” 韓国で「NiziU」と「うっせぇわ」が議論の的になる理由
文春オンライン
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
茅ヶ崎出身のSuchmosが人気があるとのこと。ユニバーサルに受け入れられる音楽という点があるでしょうか。 本記事に関しての参考として、二期会所属オペラ歌手の田月仙さんが著した「K-POP 遙かなる記憶」(小学館、2012年)をおすすめします。名もなき一般の民衆が担ってきた日韓の現代音楽の交流についての名著です。近年日本で話題となっているJYパークやメジャーな芸能事務所の社長や幹部への取材を踏まえた力作です。10年近く前のK-POPは、まだ外に出て流行り始め、という段階でした。10年前の彼らが何を考え、目指していたかを、日本語で知ることのできる資料的価値もあります。 韓国で公式には日本の音楽が流通していない時代も、コピーを通じて脈々と「ブルーライトヨコハマ」が聞かれていたという民衆のポップ音楽史とのいうべき視点からスタートして書かれた本。 昨今の政府やメディア世論レベルでは冷え切ったと書かれることの多い日韓関係のなか、一般民衆の間における国境を超えた文化交流や文化の浸透とは何かを考える上で、今もってその意義を失わない書籍です。また、集合として語られる「日本」や「韓国」という視点を外し、より個々人のパーソナルヒストリーとしてのポップ音楽史という視点から捉えなすこともできます。
39Picks
NORMAL