Picks
735フォロー
57791フォロワー
米豪、中国の経済圧力対抗で一致 日本、インドと連携
共同通信
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
インドの一人当たり名目GDPは現在約2000USD。2026年には3000ドルを突破すると予想されています。 https://www.statista.com/statistics/263776/gross-domestic-product-gdp-per-capita-in-india/ そしてPWCは、2050年には購買力平価ベースの一人当たりGDPで1位が中国、2位がインドと予測しています。 https://www.pwc.com/gx/en/research-insights/economy/the-world-in-2050.html 21世紀に最初の四半世紀が中国が世界の工場からハイテクでリードする立場になりましたが、次の四半世紀はインドの台頭がはっきりと表れる25年間となるかもしれません。テクノロジーの面でも、すさまじい勢いでユニコーンが増えていますし、海外進出も進みつつあります。中国とはまたことなる成長を描く可能性があります。むろん、インドには経済格差や分権をしすぎている問題などがあり、そうした課題との折り合いをどうつけるかという現実もあります。 過去のアジア新興国を見ていると一人当たり名目GDPが3000米ドルクラスとなると、まだ課題は多いものの、一定の水準を越したとデータ的にも体感的にも感じられる部分が多くあります。インドは人口規模が大きいですから、中国と同様に「途上国」と括られているうちに、国際安全保障でいう「パワー」としての存在を確立する可能性が高いとみられます。 現時点、グローバルファイアパワーランキングでみると、インドは世界4位と米国、ロシア、インドに次ぐポジションにあります。 https://www.globalfirepower.com/countries-listing.php (ただし、人口規模がすなわち軍事力として計算されている要素など、現代の安全保障にどこまで合致しているかは議論の余地があります。インドが日本や韓国より上位ですが、仮に総力戦を行った場合、ー核兵器使用を除きー、インドが勝てるのかは大いに疑問です。) インドのプレゼンスが今後、上昇することがほぼ確実視されるなかで、インドを安全保障体制のどのように組み込んでいくかは、21世紀前半において重要な論点となっていくと予想されます。
33Picks
ヤフー、「ワクチン接種を就業時間に含む」と決定 接種後の体調不良で有給OK
ITmedia NEWS
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
社員が安心して接種できる環境の整備は、昨今の特殊な情勢を考えると重要なことですね。今後、外国によってはワクチン接種者については未接種者よりも入国において隔離期間短縮や隔離無しという方針を検討し始めているケースもあります(決定事項ではなく議論段階ですので念のため。今後、どうなるかはわかりません)。 副反応は人によりけりですが、自分のモデルナワクチンの経験としては1度目はほぼ何もなし、2度目は翌日に37~38.5度の熱がでてほぼ終日ベッド。翌々日は熱は基本下がったものの、時折37度上昇、その翌日は回復でした。接種の翌日、翌々日は基本的にキャンセルの効かない予定を入れないようにすることが無難かと思います。 日本の仕組みは承知していませんが、当地シンガポールでは仕事後の時間帯で2030受付までを選ぶことができました。会場もコミュニティセンターと呼ばれる公民館のような場所のため、選択肢も多くありました。1回目は勤務終了後、2回目は所用もあり始めから休暇として昼過ぎに打ち、副反応を見越して翌日も休暇としました。(シンガポールは一定の条件のもと、有給休暇以外にもメディカルリーブが可能) 2回の接種が終わり、効果が表れる期間が経つとアプリTrace Togetherにワクチン接種のアイコンの色が変化して、接種済みということが一目で分かるようになります。
81Picks
ミャンマー国軍、首都で大仏建立 仏教徒の市民懐柔か
日本経済新聞
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
本件報道は、大仏!?と思ってしまいますが、重要な動きです。自社で「ミャンマービジネスリスクウォッチ」というサービスをクーデター後から開始していますが、その中で本件大仏をめぐるミン・アウン・フライン総司令官の発言や行事参加については細かくフォローを続けています。 その理由は、以前の軍政の歴史を紐解けば、仏教、仏教ナショナリズムに非常に重要な意味があることが分かります。軍政期にタンシュエ議長(当時)などの「先輩」の下で働き、昇進を重ねていったミン・アウン・フライン総司令官やその他幹部たちは、軍政による仏教政策を目の当たりにしている訳です。 そうした「先輩」のやり方を一定程度踏襲するだろう、というのは、合理的な推論だろう、ということが、フォローを続けている根拠でもあります。軍政は、当局者の立場に立つと、参考にすべき先例が非常に限られます。ミャンマーの場合は、自国が10年前までは軍政であり、「手本」とすべき事例がそこにある状態です。他国にもクーデターによる政権掌握は発生していますが、様々な前提が異なることから、ぴったりと当てはまることは少なく、当然のことながら、自国において最近まで展開していた「手本」を参照することになると思われます。
31Picks
【1分理解】今日決定か?入管法の改正が「話題」になる理由
NewsPicks編集部
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
日本の難民認定については、NewsPicks在籍時に下記の記事を書いたことがあります。ロヒンギャや北朝鮮という特殊な文脈が起点ではありましたが、難民認定について公式統計を引用しながら書かれています。 「【日本】難民問題がもはや他人事ではない理由」 https://newspicks.com/news/2646347 上記記事は4回特集の初回の問題提起として私が執筆をし、無料公開をしています。現場取材はフリージャーナリストの海野麻実さんによるもの、、私はデータを補強しています。 連載全4回は下記から。2017年の記事ですが、本質的な部分には変わりがなく、今も参照頂ける内容だと思います。今振り返ると、執筆当時、非常にセンシティブな問題であり、どのように書くか、ずいぶん悩みました。表には引用はできないながら、内々に個人的な意見を話して頂いた関係者の方もおり、現場の課題の複雑さや、政治的に決定をしないと対応が難しいことが多いことなどもわかりました。特に第4回はデータ、事実、客観性に対する忠実さを維持しながらも、「オピニオン」とした通り、議論を喚起する意味で一定の主張を入れています。 連載目次 第1回:【日本】難民問題がもはや他人事ではない理由(無料) https://newspicks.com/news/2646347 第2回:【人権】世界から非難、オーストラリアの無慈悲な難民対応 https://newspicks.com/news/2646352 第3回:【ロヒンギャ】「緩衝国」マレーシアへの期待と見えぬ将来 https://newspicks.com/news/2646353 第4回:【オピニオン】日本人が知らない、難民への日本の貢献度(無料) https://newspicks.com/news/2646355 また、スリランカ人の方の死亡事案については入管に収容されている方の人権に大きく関わる課題が含まれています。オーバーステイだからどう扱っても良いという訳ではなく、先進国として、ーとりわけ昨今の外国人人材に期待する論調があるのであればー、真剣に対応に取り組まなければいけない課題と思われます。 関連記事。 https://mainichi.jp/articles/20210430/k00/00m/040/065000c
438Picks
教育移住で脚光「シンガポール」知られざる内実
東洋経済オンライン
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
内容は中野さんによるもの、かつ、取材や定評のある参考文献を参照して客観的に書かれていますので安心して読めます。タイトルは東洋経済オンライン編集部によるものと思われますが、中身としてはシンガポールの教育制度の成り立ち、発展、特徴が中心です。 内容は読んでいただくのが一番良いので、文中に出てくるシンガポール与党PAPについて小話。シンガポールで結成されたPAPのマラヤ支部がDAP(民主行動党)であり、現在もマレーシア政治の主要政党の一つとして活動しています。長らくは野党でしたが、ペナン州政権の奪取、2018年のマハティール政権の成立時に政権党となりました。現在も野党では最大議席を持っています。かつては華人系政党と言えましたが、与党のインド系政党が惨敗が続いたため、DAPがインド系票の受け皿となっています。遅くとも2023年までに行われるマレーシア総選挙では、DAPの議席は再度の政権交代を決定付けるいくつかの重要な要素の一つでもあります。 DAPの初代書記長デバン・ナイールは後にシンガポール第三代大統領(元首だが名誉職的な位置づけ)に就任しましたが、とてもユニークな人物で、シンガポールのアンソン選挙区とマレーシアのバンサー選挙区と、両国の選挙で勝利して議席を獲得したことがあります。のちにシンガポールに戻りNTUC(The National Trades Union Congress、シンガポール全国労働組合会議)を設立して労組活動を手がけました。NTUCはシンガポール在住者にはおなじみのスーパー「フェアプライス」は、NTUCのsocial enterpriseと位置付けられています。店頭で、「NTUCフェアプライス」という表示をみて、なんだ?と思う人もいるかもしれませんが、このNTUCのことです。 という、シンガポール史とマレーシア史の小話でした。
186Picks
中国の2020年総人口は14.1億人、1950年代以降で最低の伸び
Reuters
NORMAL