Picks
283フォロー
1067フォロワー
【削除されました】養殖物2021年5月22日(土)
note(ノート)
Yato Takanori
久々にNPにコメントしましたが(仕様が変わってハッキリ使いづらくなったためご無沙汰でしたが)、とにかく以前に比べて民度が下がった印象です。 新幹線の走行中の離席の件で「列車を止めてトイレに行く分には処分はない」と書いたのに対してのコメントで「規定ではそうでも、実際はそんな事は無理に決まっている」とか「JR東海はブラックだ」とか書いてる方がいましたが、そもそもで、停車してトイレに駆け込んだ事例は実は沢山あって、単にマスコミの目につかずに報じられなかっただけです。 鉄道会社は寧ろ「安全のためには躊躇わず止めること」「止める勇気を持つこと」と教育しています。 私も車掌時代に運転士がトイレに駆け込んだ際に「列車の間隔調整のため少々停車致します」とか色々濁したアナウンスで乗り切った事はあります。 私が乗務していたのは、新幹線よりダイヤが過密な通勤路線でしたが、何かあれば普通に止めてましたし、特急列車の乗務員がトイレに駆け込むために通過駅に停車した事例は昔から幾度となくありました。 遅れの案内で「乗務員トラブルのため…」というアナウンスを聞いた事がある方もいらっしゃると思いますが、殆んどが乗務員の体調不良です。 本当は良くないですが、私はたまたま所定の交代駅まで我慢できて、そこで交代して貰って早退させて貰った事はあります(トイレが近いので、そちらは万全に対策して駆け込む事こそあれど遅れさせた事はありません)。 また、JR東海がブラックなように書き込まれてる方や、JR西日本の話を蒸し返す方すらいましたが、それもとんだ勘違いで、実は私鉄の方が乗務員は人間扱いされませんし、ダイヤも圧倒的に無理がありました。 その辺りはJRさんは流石元国鉄だけあって、まだ人権が守られていると感じる事はあります。 同じJRでも「組合が強くて社員に甘い」とされる東日本さんが、逆に組合潰しのためにパワハラが横行した時は全く報道されませんでした。 福知山線の事故の事を最近調べ直しましたが、日勤教育の内容も、業界内ではかなり人道的と感じましたし(報道は悪いところだけ切り取って大袈裟に報道されてました)、他では人権蹂躙も甚だしい日勤教育もあれば、日勤教育もなくすぐにクビにする会社すらあります。 NPでのコメントでは再三書いていますが、改めてメディアの報道を鵜呑みにしてはいけないと思った案件です。
67Picks
新幹線運転士、走行中にトイレへ 「腹痛で停止、プロとして恥」
毎日新聞
Yato Takanori
緊急停車でも、止めて行く分には良かったのでしょうけど、走行中に運転席を離れるのは流石に度が過ぎます。 これは私も「プロとして恥」と思いました。 他の記事へのコメントでも書きましたが、安全のために止める事(それが生理現象であっても)は処分される事も咎められる事もありません。 追記 「新横浜~名古屋」は長すぎる…という声も聞きますが、せいぜい90分程度でしょう。 高速バスなら2~3時間ノンストップとか普通です。 トイレが近い私は、乗務前はどんなにもよおさなくても必ずトイレに寄り、前兆は先ずあるので、寄れるタイミングを見計らっておく(本件なら、恐らく品川~新横浜で前兆があったと思うので、新横浜到着前に車掌に報せておいて、新横浜停車中に済ませておくことも可能だったのでは?…と思います)、また、お腹がゆるくなる兆候があれば、僅な前兆でもお腹の薬を飲んでおく…などの対策は出来たのかな…と思いますし(この辺りの予防策は少しでも面倒を回避するための個人的な予防策です)、止めても遅らせてもペナルティなんか課せられませんから(JR東海さん厳しいイメージですが、なんだかんだ元国鉄なので私鉄より人間扱いされますし、私鉄でもトイレのために列車止めても怒られる事はありません)、報告を面倒くさがらずに安全に止めてからトイレに行くべきだったと思います。 まあ、恐らくそれならそれで運転士がマスコミやSNSで袋叩きにされたんでしょうね。 虫のいいコメントが多いこと…。 余談ですが、JR西日本のお陰で有名になった日勤教育ですが、私鉄やバス会社から見ればJRの日勤教育は人道的だと感じますし(日勤教育にならずに簡単にクビにする会社もあります)、そもそも日勤教育送りになるようなミスは、人を殺しかねないような案件なので、存在の是非を問う声は分かるのですが、人の命を預かる仕事である事、公安系はもっと厳しいとよく聞きます(表に出てないだけ)。
20Picks
新幹線の運転士 走行中に運転室離れトイレへ JR東海が処分検討
NHKニュース
Yato Takanori
乗務員の体調不良では「躊躇なく止める事」となっているのが近年なので、止めてトイレに駆け込んでいたら、処分は基本的には無く、あったとして注意程度だったでしょう。 鉄道は途中に交代要員がいる場所があるので、基本的に運転士は1人です。 中間に拠点がない高速バス(ツーマンでも停まらないと交代できない)や、長時間着陸しない航空機は複数の操縦者が乗っているのかもしれませんが、止めるだけで墜落の恐れがない鉄道には複数乗務員は余剰ですし、かつては電気機関車にも機関助士が乗っていた時代がありましたが、それも叩いたのはマスコミや国民でしたね。 私の時代(もう軽く10年以上前)でも体調不良時(トイレ含む)は、途中駅で交代して貰うケースはありました。 当然、お咎めもありませんでした。 途中交代は、乗務員職場がある所なら当然その場で代われますが、そうでない所でも乗務員送り込みや、或いは乗務員経験者(もしくは緊急時のために訓練を受けた駅員)がいる駅で交代して貰うケースもありました。 地べた走ってる乗り物故の特性ですね。 追記 その場で漏らしてしまった事例もありますが、処分はありませんでした。 過去に、車掌が外に向かって排泄しようとして転落死した事例もあるので「我慢せずに列車を止める勇気を持ちましょう」と、少なくとも私がいた会社では教育されていました。 ただ、止めた場合、世間や旅客からの風当たりが強いので、「どうにか止めないように」と思うのも乗務員の性なんですよね。 繰り返しますが、止めて排泄する分には処分はありません。 更に追記 コメント欄の論点が無茶苦茶なので驚いていますが、本件の「処分」は高速走行中に運転席を離れるという危険行為を犯した事によるもので、トイレに行った云々ではありません。 また、繰り返しにはなりますが、トイレのための停車は運転士が社内で不利になる事はありませんが、「運転士がトイレに行くために止まって遅れた」と報じられれば世は運転士を叩くでしょう。 現場にありがちですが、指令に報告を要する事(トイレに行くために停車も含む)を面倒くさがって、後々面倒事に発展するというのは、現場側の悪い体質であって、この辺りは乗務員教育で「些細な事(どうでもいいレベルの事)でも報告する」を徹底させていれば、こういう行為には及ばなかったのでは…と、乗務員目線からだとそう感じます。
103Picks
【速報】新幹線走行中 運転士トイレに 時速150km...JR東海謝罪
FNNプライムオンライン
Yato Takanori
乗務員の体調不良では「躊躇なく止める事」となっているのが近年なので、止めてトイレに駆け込んでいたら、処分は無いか、若しくはせいぜいごく軽いものだったでしょう。 追記 鉄道は途中に交代要員がいる場所があるので、基本的に運転士は1人です(緊急時は途中で交代して貰えます)。 中間に拠点がない高速バスや、長時間着陸しない航空機は複数の操縦者が乗っているのかもしれませんが、止めるだけで墜落の恐れがない鉄道には複数乗務員は余剰ですし、かつては機関助士が乗っていた時代がありましたが、それも人件費の問題で叩いたのは国民でしたね。 私の時代(もう軽く10年以上前)でも体調不良時は、途中駅で交代して貰うケースはありました。 当然、お咎めもありませんでした。 途中交代は、乗務員職場がある所なら当然その場で代われますが、そうでない所でも乗務員送り込みや、或いは乗務員経験者(もしくは緊急時のために訓練を受けた駅員)がいる駅で交代して貰うケースもありました。 地べた走ってる乗り物故の特性ですね。 もっと追記 その場で漏らしてしまった事例もありますが、処分はありませんでした。 過去に、車掌が外に向かって排泄しようとして転落死した事例もあるので「我慢せずに列車を止める勇気を持ちましょう」…と、少なくとも私がいた会社では教育されていました。 ただ、止めた場合、世間や旅客からの風当たりが強いので、「どうにか止めないように」と思うのも乗務員の性なんですよね。 繰り返しますが、止めて排泄する分には処分はありません。
26Picks
「1年以内に鉄道会社の半分が潰れる」コロナ禍に進行する“交通崩壊”の深刻さ
SankeiBiz
Yato Takanori
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
社民党がJRに「謝罪要求」声明、伊是名夏子さん「車イス乗車拒否」で 広報に見解を聞いた
J-CAST ニュース
Yato Takanori
来宮駅周辺の道は狭く、電動車椅子で駅を降りた後に本当に観光出来たのか…という点がそもそも疑問です。 また、手動型の車椅子なら人を乗せたまま大人4人ぐらいで持ち上げる事は可能ですが、重さ100kg+人の体重の電動車椅子で「担げ」は自身の身の安全は考えなかったのか? また、対応した駅員が負傷(労災)になる可能性も考えられました。 かつて私が勤務していた駅にもエレベーターがなく、車椅子の方の対応で、4人がかりで運んだ事がありますが、そもそも自動改札化された駅に余剰人員などおらず、私はお昼ご飯を食べている途中に出動した事もあります(そういう日に限ってお昼はラーメンだったり)。 また、この手の方々は実態としては「旅行したい」のではなく、対応の悪さを批判する事で目立ちたいケースが多く、この方ではない常連の方には、どんな先回りの対応をしても色々な屁理屈で必ず苦情になっていました。 障がいを持つ方の大半はそんな事はなく、感謝される事があれば、対応する側も「して良かった」「(感謝される事で)役に立てるなら、また利用して頂きたい」と思えるでしょう。 今回は資本力があるJR東日本でしたが、潰れかけている鉄道にまで「全ての駅のバリアフリーを完璧に整備しろ」と仰るのでしょうか? 極論を言うと、鳥目で夜間視力が極端に落ちる私が、「鳥目の人間でも安心して運転できるようド田舎の道全てに街灯や反射材を完備しろ!」なんて言ったら、大半の方は「免許返納しろ!」と言うでしょうね。 健常者の低所得層が1番弱者なのが現代社会だと感じる事が増えてきました。
静岡市発、世界に先駆ける「安全と経済を両立する」 Maasの全貌
三菱電機 BizTimeline
Yato Takanori
>ドライバーの高齢化に加えて、タクシーやバスのドライバーも高齢化し若い人材が乏しいので後継者がいなくて 静岡県中部の路線バス事業に限って言えば、某社の独占状態で、少なくとも人の取り合いにはなっておらず、また、「地元を離れたくない」「(東京などから)地元に帰って働きたい」という比較的若い層の求職者もいる訳で、その辺りの世代の離職率をどうするのかが「なり手不足解消」のカギでしょう。 なり手不足の要因は「転職が難しい高齢者以外の離職率が高いこと」であって、その対策は不可欠です。 スキーバス事故や、その少し後から叫ばれ続けている「なり手不足」の頃に「低賃金で劣悪な労働環境」というイメージがこびりついてしまったものを落とすのは、そう容易くはないでしょう。 免許のハードルを下げても、運転のハードルを下げても意味はありません。 また、静岡県中部の某路線バス事業者は、全国的に見ても、新人教育のカリキュラムはしっかりしている方で、やはり離職率対策が1番なのではないでしょうか。 企画する職にばかりフォーカスを当てるのではなく、労働者の地位回復もしなければ、エッセンシャルワーカーは死滅していく一方だと感じます。
157Picks
NORMAL