Picks
61フォロー
10538フォロワー
インテルCEO、世界的な半導体不足は2-3年続く可能性
Bloomberg
青嶋 稔株式会社野村総合研究所 コンサルティング事業本部 シニアパートナー
スマートフォン向けなどの半導体ではなく、特に自動車産業の半導体不足に言及されている。スマホン向けメモリなどであれば韓国が強いが自動車向け半導体となるとセンサー、センサーから信号を受けて処理をしてエンジン、モーターを制御するマイコン、モーターなどのアクチュエーターを駆動するパワーデバイスがあるがそこではインフィニオン、マイコンではルネサス、さらに自動運転の認識処理となるとSOC(SYSTEM ON CHIP)となるとインテル(モービルアイ)、NVIDIAなどが強い。次世代車の“頭脳”ともいえる統合ECU(電子制御ユニット)を巡り、半導体メーカーの競争が激化している。セントラルゲートウエイ向けの車載SoC(System on Chip)では、ルネサスエレクトロニクス、オランダNXP Semiconductors(NXPセミコンダクターズ)などが、車載プロセッサーで2強といわれ、統合ECUの進化が進んでいる。この領域では韓国の半導体は存在感はほぼない。アメリカ、イスラエル、オランダ、日本などが頑張っている領域だ。CMOSセンサーではソニーも相当伸びると思う。SOCにやり半導体、Aiなどによるソフトウェア処理などが必要となるなか、自動車用半導体は今後最も成長していくと思われる。日本のルネサスもこのなかでしっかりと存在感を発揮し続けてほしい。
284Picks
NORMAL