Picks
29フォロー
26フォロワー
東京都、宣言解除へ数値目標 新規感染140人
日本経済新聞
「休校要請せず」正式表明 文科相、共通テストは実施
共同通信
藤田 勝利大学教員/経営研究者/事業家
「生命と経済のどちらが大切か」ばかり議論して「教育」の重要性が顧みられなかった昨年に比べると、大きな進歩だと思います。 海外ではいまだにずっと休校が続いている国もあるようですが、大人の身勝手な行動のツケを子供世代に押し付けるのは本当におかしいし、休校が子供の生涯にわたる学習機会にいかにダメージを与えるかは様々な研究結果が示されています(The Economist誌などではその類の記事が多数掲載されています)。   また、個人的には、十分な注意をすればスポーツや部活全体も止める必要はないと思います。大人は簡単に「スポーツや部活は不要不急」という発想をしますが、子供にとっては今日、今週の試合にかけてきている子もいるんです。机上の勉強以上にクラブ活動も限られた学生生活内で子供が成長できる貴重な機会。簡単に奪わないでほしい。試合、発表会、演奏会を楽しみに、感染予防をして毎日頑張ってきた子供達の姿を少しでも想像してみて欲しいです。 一部学校でクラスターが発生している、というのは事実です。だからと言って「すべての部活中止」の理由にはなり得ません。クラスターが発生したクラブは全体の何%でしょうか。大人の会食による感染の割合と比較して欲しいです。またクラブでの感染も、寮内での共同飲食など、特定の条件の割合が高いのであれば、そこを集中的に指導するなどの方策をとって欲しいです。 命も経済も大事。けれど未来ある子供達の教育と成長機会も、社会にとってはこの上なく大切であることを認識して欲しいです。
128Picks
なぜリーダーには「教養」が必要なのか
NewsPicks編集部
藤田 勝利大学教員/経営研究者/事業家
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3560Picks
NORMAL