Picks
45フォロー
7968フォロワー
三井不動産、ホテルの月額定額プラン「サブ住む」--「HOTELどこでもパス」と「HOTELここだけパス」
CNET Japan
砂田 憲治KabuK Style Inc. Co-CEO, Founder
完全にポジショントーク! 自社サービスのHafH(ハフ)の宣伝です。 色々なホテルを月額で提供してみると、住んでるみたいになるんじゃないかと自分が欲しいものをサービスにしてみてから、もう2年が経とうとしています。感慨深い。 コツコツとホテルとの契約をまき続けて、今日の発表で、世界36カ国、423都市のホテルで使えるまでになりました。毎日ホテル暮らしはハードル高くとも、月に数万円分をホテルに使ってみてもいいかと決めて、定期費用にしてみると全体としてボリュームディスカウントきいてお得な体験ができます。 https://www.hafh.com/topics/9904 ホテルの限界費用はとても低いので、自社運営施設を安くても稼働率あげたいのは事実なのですが、全部それで埋めてしまうと利益が出ないという固定費の高さがホテルのビジネスモデルです。 また良いホテルほど、ブランドルールが厳格で、安い値段で小売値をつけるということはしたくないというのもポイントです。月額にしてみると、一泊あたりは安くとも、絶対値としては安く見えない。 ホテルを住まいとされている方は昔からいて、一定のディスカウントレートはもともと存在します。 今やだいぶ使われなくなった半値くらいにもなる、コーポレートレートというのもあります。 特に新しい話ではありません。これを継続できない理由や、あまり大々的にはやらない理由があります。 その課題への解決なくして、新しいビジネスモデルというほどのものではありません。 今だからというのが、伝統的なホテルプレイヤーの本音です。 これを継続的なビジネスにするためには、過去の資産を減損してしまうか、長期滞在を前提とした投資の仕方で最初から作る必要があります。 そういったプレイヤーも出てくるとは思いますが、それってweworkの投資レベルの比ではありません。オフィス作る以上に住宅つくるのはお金かかります。そんなことできるプレイヤーいるのか??? しかし、これらは供給側の都合。消費者にとっては、とってもお得なので、今のうちにホテル住まいの新しい価値観に触れてみるのは、なかなか良い体験だと思います。 使い慣れてくると、 住宅に莫大な金額を投下して、かつ自由を奪われるのは、そんなに良い選択肢とは思えなくなって来ます。
222Picks
経営人材育成、早期・計画的に 企業統治新時代
日本経済新聞
砂田 憲治KabuK Style Inc. Co-CEO, Founder
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
278Picks
NORMAL