Picks
4074フォロー
8374フォロワー
会社員の3人に1人が勤務先で「信頼関係が築けていると思う相手」がいない
スポニチ Sponichi Annex
Andoh Satoshi株式会社Showcase Gig 人事マネジャー / 国家資格キャリアコンサルタント / GLAYファン
へえ、面白いですね。 1on1ミーティングがどんどん広まっている昨今ですが、それでもこんな数字。昔との比較があるわけじゃないから、昔より増えたのかどうかはわからないけど。 これは個人的な感想ですが、昭和のモーレツサラリーマンの時代って、頑張ればみんな給与が上がることがそれなりに明白で、自分たちが仕事をこなせば売上は伸びてボーナスも弾んだ。そんな時代だったからこそ24時間働けますかも通用したし、定年までその会社で働いていたんだろう。上司の指示に従っていれば売上も伸びたし何より自分が経済的に豊かになったので、信頼もする。目標に向かって一丸となる同僚いや戦友がいたから、同僚との信頼関係も築けていた。という可能性もある。 あと、インターネットや「多様性」がなかった時代だと、半径〇〇メートルのことしかあまりわからないというのもあるんだろうな。 逆に言うといまは ・インターネットの時代で隣の芝生に目が行きがち ・というか隣の芝生だらけ ・景気も良くはない。経済的な豊かさは今も未来も感じづらい ・多様性、やりたいこと探しの時代 ・上司同僚との価値観も違う ・SNSで緩いつながりが社外に多い みたいな感じで、モーレツになりづらいし、自分のことを信頼してくれているのは社内じゃなくて社外みたいになるのかなと思った。 だから色んな会社がミッション・ビジョンを言い始め、1on1ミーティングをし始めたのかもしれないな。
99Picks
NORMAL