Picks
64フォロー
8357フォロワー
旧帝大の助教は普段何をしているのか
はてな匿名ダイアリー
Saitou KazuhiroU of Michigan Ann Arbor 教授 (機械工学)
Proposal 作成+営業がない事がオドロキですねぇ メリケンのtier 1-2レベルの工学部助教授さんの場合、半分以上は外部資金獲得のための研究アイデアを考え proposal 書く (書きまくる) 時間でしょうねぇ tenure評価まで5.5年しかありませんから 管理職につかない限り、それはずっと同じなのですが、助教授時代は一人でお金を取って来て、それで雇った2-3人をphd卒業させる事がtenureの条件の一つになりますねぇ ワタシも助教授の頃は1ー2ヶ月に一個位書いてましたかねぇ、新しいアイデアのproposalを で、tenure後はチームで大きなお金を取る事が重視されますよ もうトシですが、ワタシもほぼいつも資金繰りの事ばかり考えていますよ、phd学生さん一人$65-70K/yearかかるので ただ、カイシャと違ってお金は借りられませんし、利益も出せまでんので、基本はお金を勝ち取れる competitive edge のあるアイデアを出し続ける事になりますねぇ そういう仕事です 助教授といっても、ニホン (や多くのアジア、欧州大学) の場合、金銭的に独立してないので、メリケンの同名職とは別の職種と考えた方が良いかもですねぇ 以前は助手/講師と呼んでいたようですが どっちが良いかは一面的ではないでしょうが、確かだと思いますねぇ、ニホンの若い大学教員の方々のための制度が現在行き詰まっていることは 追記 あれ、もしかして助教って助教授とは別の職種なんですか? だとしたらワタシのコメント意味不明ですねぇ クワシイ方オシエテ 追記終わり
18Picks
NORMAL