Picks
74フォロー
9082フォロワー
【読書】資本主義が教えてくれない「人生」の目的とは
NewsPicks編集部
鈴木 秀和(株)アトラエ 取締役CFO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1061Picks
【超入門】なぜ、IPO株は儲かるのか?
NewsPicks編集部
鈴木 秀和(株)アトラエ 取締役CFO
経営陣、証券会社、IPO時に売り出すVC、IPO時に新規株主となる投資家の利害関係は完全には一致しませんし、初値に対して色々な考えがあることは理解できます。 指摘されているアンダープライシングが原因のケースも一部あるかと思いますが、初値が沸騰する要因は、オファリングサイズ、ディールモメンタムや上場日の板状況など様々ですし、証券のプライシングにのみ焦点を当てる事には違和感があります。 初値沸騰したディールが、当該初値を目論見書記載価格としてローンチしていた場合に、その株価でそもそもプラシングできないだろうという感覚は、IPOの引受実務経験者や仮条件で株価算定を行う機関投資家の方であれば、皆同様に持っているものと推察します。 私は証券会社から事業会社に転職しましたが、今、投資家の方々と長期的視点で対話するCFOの立場として強く感じることは、継続的に「フェアバリュー」を追求する事が重要だということです。 特にオファリングサイズが小さいディールは、需給の関係で初値が高騰しやすいですが、IPOを目指す経営陣は、上場日の株価という短期的な視点に留まらず、上場後に投資家と適切な対話を行っていくためのバリュエーション目線を持つべきかと思います。 とはいえ、アンダープライシングであることは発行体にとっても望ましく無いので、アンダープライシングであると思う(=フェアバリューでないと考える)のであれば、IMを実施して投資家に直接考えをぶつけてみたり、証券会社と納得するまで目論見書記載価格を交渉すべきだと考えます。
1333Picks
【完全版】ぜったいわかるSPAC
NewsPicks編集部
鈴木 秀和(株)アトラエ 取締役CFO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3591Picks
【対策】副業・独立でぶつかる「壁」の乗り越え方
NewsPicks編集部
鈴木 秀和(株)アトラエ 取締役CFO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
608Picks
第1回:リーグの構造とクラブのファイナンス
note(ノート)
鈴木 秀和(株)アトラエ 取締役CFO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NORMAL