Picks
66フォロー
8884フォロワー
【高原豪久】ユニ・チャーム海外展開で売上高3倍、時価総額11倍
NewsPicks編集部
鈴木 秀和(株)アトラエ 取締役CFO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
434Picks
【長期投資】プロが見ている「強い企業」3つのポイント
NewsPicks編集部
鈴木 秀和(株)アトラエ 取締役CFO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1897Picks
【髙田春奈】Jリーグ唯一の女性社長「コロナ禍と就任1年目」
NewsPicks編集部
鈴木 秀和(株)アトラエ 取締役CFO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
284Picks
頭の良さより「好感度」で人生が決まる納得理由
東洋経済オンライン
鈴木 秀和(株)アトラエ 取締役CFO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1064Picks
広がる「上場は後回し」 成長優先、ユニコーン狙う
日本経済新聞
鈴木 秀和(株)アトラエ 取締役CFO
スタートアップにとって資金調達手段やIPO時期など、ビジネスモデルや経営戦略に応じた資本政策の選択肢が増えることは良い事です。 一方で、上場スケジュールを後にする=株式市場環境の変動リスクを負うということを、IPOを目指す経営陣は認識して選択するべきだと考えます。自社の事業計画を想定通り進捗させることができても、市場環境がネガティブだとIPO時の時価総額が想定よりも下回るリスクがあり、ダウンラウンドのIPOとなる可能性もありえます。また、プライベートラウンドのバリュエーションは上場会社の時価総額では無いことにも留意が必要です。 IPOは①コーポレートガバナンスや内部統制など管理体制の整備と②エクイティファイナンスの両輪です。東証審査や証券会社の審査スケジュールを勘案すると、上場会社のエクイティファイナンス程のウィンドウを確保しにくいという点があります。上場時期のフレキシビリティを確保するためにも①の整備は早期に行い、エクイティファイナンスのタイミングを模索する事も戦略的な選択の一つだと考えます。また、上場後の継続的な成長を実現するためにも①は本質的な理解をしつつ、各社にあった体制構築を進めるべきと思います。
270Picks
【鈴木啓太】元日本代表が「うんち、ちょうだい」と奔走する理由
NewsPicks編集部
鈴木 秀和(株)アトラエ 取締役CFO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
312Picks
【小泉文明】メルカリ傘下で「鹿島」はどう変わったか?
NewsPicks編集部
鈴木 秀和(株)アトラエ 取締役CFO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
573Picks
【山口真由】「7回読み」独学術で頭に叩き込む
NewsPicks編集部
鈴木 秀和(株)アトラエ 取締役CFO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2400Picks
2020年マザーズIPO企業 - PSRの傾向や評価額変遷
note(ノート)
鈴木 秀和(株)アトラエ 取締役CFO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NORMAL