Picks
40フォロー
50フォロワー
「習慣が続かないのは意志力が弱いから」という考え方が根本的に間違っている理由
Diamond Online
Mori Yusuke
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
363Picks
セガ、150ページ超の社内向け数学資料を無償公開 「3DCGの技術的基礎に」
ITmedia NEWS
Mori Yusuke
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
132Picks
【解説】日本の半導体復活は「ソニー」にかかっている?
NewsPicks編集部
Mori Yusuke
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
656Picks
【超入門】なぜ、IPO株は儲かるのか?
NewsPicks編集部
Mori Yusuke
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1322Picks
【完全版】ぜったいわかるSPAC
NewsPicks編集部
Mori Yusuke
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3543Picks
【人事トップ対談】近道はない。「1on1」の積み重ねが、組織を変える
Mori Yusuke
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
781Picks
【読書】物事の本質に迫る「いい問い」の立て方
NewsPicks編集部
Mori Yusuke
問いがあるから考えや意見があるのであって、「そもそもなぜその問いがあるのか」と問う問いこそが、物事の大本に迫る「いい問い」につながる。 それは場面や条件に依存せず、どのような問いにも共通して当てはまる本質的な問いだ。 すなわち「いい問い」とは、「なぜその問いがあるのか」という根源的な存在についてまで考えられた、本質的な問いのことなのである。 例えばあるテーマについて意見交換をすると、意見が対立してなかなか合意がとれず、平行線をたどることがある。 しかし両者の意見が前提としている「そもそも」の観念の領域まで踏み込んで議論をすると、両者が共有している考え方が見いだされ、噛み合った話ができるようになる。 ある問いに対して、直接的に応答したり意見を考えたりするのではなく、「その問いがなぜ生じたか」という理由を、「問いを問う」という形式に従って考えることが大事である。 そのためにも問いや意見、考えの前提にある「観念」を問うことが、本質的な問いに接近するうえでは必要だ。 「いい問い」とは、「持ってしまうもの」「持ってしまったもの」「持たざるを得なかったもの」というように、どうしてもそうなるものだ。例えば違和感。 違和感とは、「何か気持ち悪い」「スッキリしない」と引っかかりを感じることだが、その引っかかる箇所や原因が明確に見当たらないのに、それでも自分の意識内に通常と異なる何かがあるときがある。  違和感が生まれるのは自分の考えや思いがあるからであり、それは自分の在り様そのものである。すなわち違和感を持つとは、自分を持つことと同じなのだ。
2091Picks
【超解説】なぜ今、ゲイツとバフェットは「原発」を作るのか
NewsPicks編集部
Mori Yusuke
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1096Picks
【超図解】今さら聞けない「電気」のキホン
NewsPicks編集部
Mori Yusuke
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2146Picks
【超図解】物流をつかさどる、魅惑の「コンテナ」の世界
NewsPicks編集部
Mori Yusuke
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1431Picks
【10分教養】少数民族を学べば「ウイグル問題」がもっとわかる
NewsPicks編集部
Mori Yusuke
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1042Picks
【図解】いまさら聞けない「ウイグル問題」って何だ?
NewsPicks編集部
Mori Yusuke
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2601Picks
【脳医学者】何歳でも遅くない。「大人の脳」を活かした独学術
NewsPicks編集部
Mori Yusuke
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2378Picks
ナニモノでもないビジネスパーソンが、武器を持つ方法
Mori Yusuke
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2359Picks
【解説】なぜ今、半導体最大手TSMCがつくばに拠点を作るのか
NewsPicks編集部
Mori Yusuke
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
757Picks
NORMAL