Picks
2235フォロー
17112フォロワー
「再生エネの中心地に」 日銀秋田支店長が離任会見
日本経済新聞
大場 紀章エネルギーアナリスト/JDSC フェロー
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
現代アメリカの行動原理 精神史をつらぬく宗教性
朝日カルチャーセンター
大場 紀章エネルギーアナリスト/JDSC フェロー
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
トヨタ工場、35年にCO2ゼロ 全世界、50年から前倒し
共同通信
大場 紀章エネルギーアナリスト/JDSC フェロー
トヨタTier1の代表格のデンソーは昨年末に2035年カーボンニュートラルを宣言。 http://www.denso.com/jp/ja/news/stories/all/210407-01/co2plant/ もう一つのTier1のアイシンは今年1月に電動化製品の製造時のみ2030年度カーボンフリーを宣言するも、脱炭素化が難しいとされる鋳造部品メーカーを含むグループ全体としては、2050年度実質ゼロとしていました。 http://www.aisin.com/jp/aithink/vision/carbon-neutral/ https://news.yahoo.co.jp/articles/3ed0a1ce56ff4176b352eb96ca394192b685e5cb 作ってるものによってはかなり難しいので、各社対応は濃淡が出て来そうです。 デンソーの目標も驚きましたが、極めて厳しい数字。アイシンに至ってはもっと厳しい事になりそうです。まだ、AWと合併したばかりでバタバタしているのに。 トヨタとしては、2015年に世界に先駆けて2050年グローバル工場CO2ゼロを宣言(「環境チャレンジ」)していましたが、今回はそれを前倒しした格好になります。 https://global.toyota/jp/sustainability/esg/challenge2050/index.html 日本では今年中に非化石価値市場を改革し、「再エネ価値取引市場」(仮称)を新設。これまで電力小売事業者しか取引できなかったものを、需要家が直接取引できるようにする(ある種ご法度の)仕組みで、格安のコストで見かけ上再エネ電気を使ったことにできるようになります。実態は産業補助金みたいなものですが。 https://comemo.nikkei.com/n/n8814dce24713 輸出産業に再エネ価値証書をばら撒くだけの再エネは既に余裕にあるので、このために特に新設をしなければならないと言うことはありませんが、チート過ぎて国際ルールが許してくれないかも? 追記 今回は製造時CO2なので、EVか否かみたいな話とはほぼ無関係。 Katoさんご指摘の通り、注目を集めるマーケティング効果も重要。が、昨今は企業のイメージ戦略が、様々な社会的ハレーションを産み、競争が社会コストを増してます。
246Picks
昨夏の東芝株主総会、公正に運営されずと調査報告書 経産省との一体性指摘
Reuters
G7ガソリン車規制議論か 米報道、時期巡り一致せず
共同通信
大場 紀章エネルギーアナリスト/JDSC フェロー
日本では相変わらず46%や電源構成の話ばかりしているが、私の理解では脱炭素の主戦場は石油と自動車と鉄鋼。 電源は下手をすれば歪んだ政策になってしまうが、罰則規定はないので国内で誤魔化せば終わらせられる。電気は瞬間のものかつ全国民にとって超重要なので、背に腹はかえられない。菅直人が残した国内問題。G7で電源構成に圧力をかけてくる事はない。 しかし、ガソリン車販売禁止は最初に影響を受けるのは自動車産業なので、多くの人に実感がない。多数決を取れば、自動車産業は滅ぶ。その意味も分からずに。 英国は昨年2030年ガソリン車販売禁止を決めたが、自国だけ先行すると相対的に損になるので、少しでも道連れを多く作りたい。 【G7各国のガソリン・ディーゼル車新車販売禁止政策の状況】 日本 2035年までに少なくともハイブリッド フランス 2040年までに販売禁止 アメリカ 2030年までに政府専用車、2040年それ以外の販売禁止 イギリス 2030年までに販売禁止 ドイツ 2030年までに販売禁止 イタリア なし(ローマで2024年までに乗入れ禁止) カナダ ケベック州が2035年禁止、国として2040年の提案 それぞれコミットのレベルが様々で、プラグインハイブリッドを含んでいたりいなかったりだが概ねこんな感じ。特にイギリスはわざわざ2040年から2030年に前倒したので重みが違う。 内燃機関産業の各国にとっての重要度がまるで違う。 部品供給国や輸出国へも影響する(ドイツにとってのポーランド、アメリカにとってのメキシコなど)。 G7に参加メンバーの一つEUでは、3月の欧州委員会で、EU全体として販売禁止の期日を決めるべきだとの議論していた。 https://europe.autonews.com/environmentemissions/eu-pressed-set-phase-out-date-combustion-engine-cars
48Picks
経済安全保障を見据えて日台経済の緊密な連携を - 小倉将信
BLOGOS - 最新記事
大場 紀章エネルギーアナリスト/JDSC フェロー
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
NORMAL