Picks
2231フォロー
17057フォロワー
【VS中国】ピーター・ティールが狙う「マイニング戦争」の覇権
NewsPicks編集部
大場 紀章エネルギーアナリスト/JDSC フェロー
いかにも投資家同士の知識披露マウンティングみたいなノリで、めちゃイラつきますねw 左の方が、何度か「正しい」と言っていましたが、何がどう正しいのかさっぱりわかりませんでした。 中国ではマイニングが盗電で行われているとの発言がありましたが、確かに2019年に摘発された例はありますが、今年のマレーシアの例の方が大きいです。一般的には、これらの件は相場には殆ど影響がなかったと考えられています。 中国で2019年400万ドル相当の電力を盗んだ例 https://www.straitstimes.com/asia/east-asia/china-police-bust-bitcoin-miners-for-stealing-4m-in-electricity マレーシアで2021年 2200万ドルの電力を盗んだ例 https://earther.gizmodo.com/bitcoin-miners-allegedly-steal-2-million-of-electricit-1846295318 また、左の方が、マイニングは「基本的に、中国、ロシア、北欧、アイスランド」と発言されていますが、CBECIのデータでは、 中国65.1% 米国7.24% ロシア6.9% カザフスタン6.17% マレーシア4.33% イラン3.8% カナダ0.82% ドイツ0.56% ノルウェー0.48% ベネズエラ0.42% となっていて、米国は7%ながらも世界第二位であり、北欧・アイスランドにもマイニング施設はありますが、特段挙げる様な国ではないと思います。 テキサスが一番電力が安いのは一般論ではそうですが、今年2月の寒波で電気代が200倍近く跳ね上がり、100万円以上の請求があった家もあるとか。 「VS中国」「ピーター・ティール」「マイニング戦争」というテーマで今語るなら、先日のニクソン財団での 「現時点ではビットコインは中国のアメリカに対する金融兵器と考えるべきではないかと考えている」 https://youtu.be/L946oGrmeNA という発言への言及がなくてずっこけました。 追記 後で関連note書く 追記2 書いた(有料) https://newspicks.com/news/5840143/
392Picks
市場は伸びていないのに、なぜ日本企業は「ムチャな数値目標」を掲げるのか
ITmedia ビジネスオンライン
大場 紀章エネルギーアナリスト/JDSC フェロー
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
発想の大転換迫る 温暖化ガス排出「46%削減」の難路
日本経済新聞
大場 紀章エネルギーアナリスト/JDSC フェロー
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
水素(H2)
Hydrogen Technology 株式会社 | 私たちは「外部からの熱や電気をほとんど使用せず、水から高純度の水素を大量に生成する新技術」を活用し、世界の水素社会実現に向け貢献いたします
NORMAL