Picks
47フォロー
18982フォロワー
ホンダ 新車をすべて電気自動車や燃料電池車に 2040年を目標
NHKニュース
中西 孝樹ナカニシ自動車産業リサーチ 代表
2050年のゼロカーボンのゴールを定めてバックキャストすれば、誰でもわかる当たりまえだの2030、2035、2040年の目標値。大切なことはその目標値を表明し、社員、ステークホルダーとこの認識を共有化すること。それによって、Hondaの課題が認識され、解決に向けた前進がある。 HondaのLCAでの炭素排出量は3億トンで、日産のざっと倍、二倍の規模のあるトヨタの4億ドンと大きく変わらない。Hondaとは、頭(二輪・四輪)から足元(汎用機)まですべてが内燃機関の会社。脱エンジンとは会社の成り立ちを根本的に覆す、まあ「第二の創業」のような話。その決意を解り易く(敢えてHEVとかe-Fuelとか細かいこと言わずに)、EV/FCEVに全てを切り替える覚悟で構造変換を目指すという初心表明。 自工会会長の立場の豊田会長のメッセージと、企業としてHonda社長の初心表明を並べてスタンスの比較をすることは無意味かつミスリーディング。 正直、米国はGMとのアライアンスで一つの実現解が垣間見えたが、中国、日本、アジアの二輪も含めて、Hondaの電動化戦略は後れを取っており、課題解決への道のりは非常に厳しい。正直、2030年40%ZEV目標は夢のまた夢。だからこそ、目標値、決意の表明が誰よりも必要なのである。
305Picks
GojekとTokopedia、180億米ドル規模の合併で統合会社「Goto」設立へ【The Information報道】
BRIDGE(ブリッジ)テクノロジー&スタートアップ情報
中西 孝樹ナカニシ自動車産業リサーチ 代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
210Picks
【真相】なぜソニーは「EVビジネス」に参入したのか?
NewsPicks編集部
中西 孝樹ナカニシ自動車産業リサーチ 代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
625Picks
NORMAL