Picks
49フォロー
19053フォロワー
日産、日英でEV電池工場 中国系と年70万台分
日本経済新聞
中西 孝樹ナカニシ自動車産業リサーチ 代表
追記: Kato Junさん、VWは西欧市場シェア25%、日産は2.5%ぽっち(笑)なんです。VWの240GWhとの比較は意味はないでしょう。仮に、20Gの工場にエンビジョンが拡大させる計画があっても、日産が全てを買えるかどうかは不明です。 e-PowerはAESC電池ではありません。かつ、CMF-EVは今度のARIAで立ち上がりますが、CATL製の角形電池。ラミネート型のAESC電池と日産の将来のEV戦略がどの様に絡んでくるか、詳細はまだわかりません。AESCは一定量は残るのですが、CATL製が今後中心になっていく公算が高いのではないでしょうか。そうであれば、日産がエンビジョンと手を取り合って、大型投資に打って出るような印象を与えるこの記事の書き方は、丁寧さが欠けているかもしれません。 この記事、何度読んでも趣旨が伝わらない。 日産が、電池工場を投資する、2000億円、2024年と書き出しているのだが、読み進めると、投資のほとんどがエンビジョンと書いている。誰がどこに何を投資するのか、わからない。。。もう少し正確に「伝えたい事実」が分かる文章は書けないのだろうか? 米国スマーナ工場で生産しているハイパワーパックを英国工場に移管する事実はある。また、エンビジョンは昨年11月に経済産業省からサプライチェーンの補助金を受けて茨城県に新工場を建設することも既報通り。エンビジョンの能力増強と日産の電池投資行動がちゃんと切り分けられた記事でないと、コメントのしようがないわ。
39Picks
米トヨタ、新型SUV発表へ 6月2日
レスポンス
中西 孝樹ナカニシ自動車産業リサーチ 代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
新型トヨタ・タンドラまもなく登場!
GQ JAPAN
中西 孝樹ナカニシ自動車産業リサーチ 代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NORMAL