Picks
468フォロー
11818フォロワー
テスラ車死亡事故、運転支援機能は作動しておらず=米当局
Reuters
高田 敦史A.T. Marketing Solution 代表
事故の原因は当局の結論を待つとして、自動運転を社会でどう受け入れていくかは様々な問題があります。 個人的には、「人間が運転した場合の事故率」と「自動運転の事故率」を比較すると、今後いくつかのステージがあると思っています。 ①自動運転の精度=人間の運転技量の平均値 現在、世界の交通事故の死者数は年間100万人です。 仮に、全部の車両を自動運転に切り替えた場合、年間100万人の方々が自動運転車による事故で亡くなると言うことを意味します。 このレベルでは自動運転が普及するのは難しいでしょう。 ②自動運転の精度>人間の運転技量の平均値 この場合は、自動運転車に切り替えた方が人類全体としては明らかなメリットがあります。ただし依然として相当数の方は自動車事故で亡くなりますから、事故の責任がクルマ側の欠陥なのか、亡くなった側の過失なのかという問題が相当数争われます。 ③自動運転の精度が究極に高まった場合 クルマが事故を起こすのは、物理的に事故を回避できないケースだけになります。具体的には、急ブレーキをかけても回避できないタイミングで人が飛び出してきたような場合です。 現在はほぼ①のステージにあり、早晩②のステージに入ると思うのですが、そうなると「事故回避性能」が車両購入の大きなポイントになってきます。 ちなみに自動運転車には以下の性能が求められます。 ①認知機能 カメラやレーダー等の性能です。これはIT企業も含めて各社がしのぎを削っています。 ②車両制御機能 認知したことに対応して、どのように事故を回避するかという機械側の性能です。この部分は既存の自動車メーカーにアドバンテージがあると思います。 現在は①の技術開発にばかり注目が集まっていますが、普及段階に入ると②の重要性が高まってきます。 同レベルの認知機能を持っていても「事故を起こすクルマ」と「回避できるクルマ」の差が出てくるからです。 今までは事故が起きたら運転手の運転技量が問われましたが、今後は各メーカーが「事故回避性能」を様々な形で問われるはずです。 それは様々なテストで「見える化」されますから、販売台数にも多大な影響を及ぼすと思います。
116Picks
NORMAL