Picks
30フォロー
25625フォロワー
【山本康正】本人が語る、ベンチャーキャピタル退職の真相
NewsPicks編集部
蛯原 健リブライトパートナーズ 代表パートナー
語義について誤認や肩書なんて曖昧だしどうでもいいのではというコメントが少なくないのでその点のみ。 なおだから誰が悪い/悪くない等の他意はここでは一切含みません。 ベンチャーキャピタルの定義は曖昧なんだからそこはどうでもいい、では後世の為宜しくないと考えます。 何故ならVCの重要性は新産業創出による国家経済の繁栄の観点から官民で多数議論されており、そこにおいては産業としてより認知され優秀な人材、裾野の広い資金がより多く入ってくるべき、その為には産業の信頼性の更なる向上が大事という事でVC協会はじめ各方面で頑張っておられるといった背景からです。 もう一つ重要な点、ベンチャーキャピタルとは他者の金を元本保証無しで募る職業です。故に詐欺や不真面目なGPがお金を簡単に減らすなどの行為が残念ながら後を絶ちません。だからこそ業法もそこは厳しく取り締まっています。 エンジェル投資とベンチャーキャピタル投資は本質的に全く異なります。 ベンチャーキャピタルという定義の中に個人による投資が含まれる事は原則としてありません。 ベンチャーキャピタルとは一般に、プロフェッショナルとして、専業で、かつゴーイングコンサーンで組織的に行うものを言います。 対してエンジェル投資は逆に、個人で、副業として行い、一般にそれを職業として行うことはありません。 職業、要するにプロか否か、これは極めて重要ではないでしょうか。 なおスーパーエンジェルという言葉がありますが、それは「エンジェル的」な人々が中心となりVCファンドを組織的に運営しているプロで、著名どころではロンコンウェイのSVエンジェルやピーターティールのファウンダーズファンドらがそう呼ばれています。 なおこの論文 https://www.hbs.edu/news/articles/Pages/angel-investing-lerner.aspx 確かに一部だけ直訳するとそう読みうるミスリーディングな表現も入っていて紛らわしいですが、全体を読めばクラウドファンディング等でベンチャー投資全般のデモクラタイズが起きているという趣旨であって、個人による投資がベンチャーキャピタルの定義に含まれるという趣旨には私には読めません。 せめてこれを契機にVCについて一つでも世間にTake awayがあって欲しいと産業従事者の端くれとして願います。
742Picks
【スクープ】シリコンバレーの「トップ投資家」、退職の真相
NewsPicks編集部
蛯原 健リブライトパートナーズ 代表パートナー
このようなスキャンダルにつき書くのも馬鹿らしいが、これを契機に世の為、という思いでひとつだけ。登場人物どなたとも利害関係はありません。 ベンチャーキャピタル、という職業には他の金融業や士業と違い資格制度が無いのです。今日から誰でも名乗れます。なので名乗る事即罪でも悪でもありません。 が、一方で我々実際にやっているベンチャーキャピタリスト、なかんずくそのパートナーレベルの人のほとんどが恐らく思っているであろう定義は以下です。 第一に、自らの看板とリスクと汗でもって人様のお金を預かるファンドレイズに自ら第一線で関わった経験 第二に、その己を信頼して預けてくださった方々の金を無にしないか震えつつ、いや増やせるはずだというエキサイトとの狭間で、調べ尽くし計算しつくし(いわゆるDDだが実際は泥臭い)投資した経験 第三に、それを何十、時には何百倍に、含みではなく実現益として増やし、投資家(LPと言います)におつりを付けてお返しした経験 第四に、それを一つや二つではなく、多数のポートフォリオとして持つファンドとして、昨今厳しさを増す業法対応(実際嫌になるほど大変)も含めてマネージした経験 このサイクルを最低一回はくぐった事のある人もって、ベンチャーキャピタリスト、と言うのが本来の厳格な定義です。
950Picks
CEOと従業員の報酬格差、パンデミック中にさらに拡大
Forbes JAPAN
蛯原 健リブライトパートナーズ 代表パートナー
不都合な真実ですが当然で、なぜならあらゆる種類の格差はテクノロジーと過剰流動性が極まるほどに広がるのが論理必然でありパンデミックはその2つのブースター装置だからでしょう。 なかんずくテック企業とそれ以外、科学者・Ph.Dと学部卒以下の格差は極大化しつつありますが、写真の人(パランティア社長)を典型として、昨年パンデミック来で米国IPOした主要企業の経営者でその類型に当てはまらない会社のほうが少ないくらいです。 つまり時代の要請はテックであり、その使い手は一獲千金を夢見る若者プログラマー、という時代はもう7-8年前に終わっていて、今はもう科学者です。アイビーリーグ大で教授を張れるレベルのそれ。 そのレベルの科学者が起業家、CEOであり、過剰流動性を極めた今カネはもはや彼らにとっての使い捨ての日用品に過ぎない。 でもそれでmRNAワクチンが生まれて私やあなたの命が助かるのだから、それでセキュリティ技術が発展してならず者国家から私やあなたの財産や安全が守られるのだから安いもの、ゆえに真っ赤っか決算だろうが彼らに兆円単位の企業価値が付く、そしてその価値厳選たる彼らの脳みそ使用料に数~10%程度の対価が支払われている、そういう仕組みと考えると渋々でも納得せざるを得ないのではないでしょうか。
98Picks
【超入門】なぜ、IPO株は儲かるのか?
NewsPicks編集部
蛯原 健リブライトパートナーズ 代表パートナー
私は異なる見解を持っています。 金子名誉教授の豊富なデータに基づくご高論はごもっともにて、本稿であまり論じられていないもう一つ側面も同様に大事では、という意味です。 その見解とは、そもそも日本の東証マザーズというIPO市場の世界稀にみる異常性の大きさがこの問題の大きな理由である、というものです。 平均してPER、つまりその会社の年間利益の200倍もの企業価値が付いてしまっているような市場は世界広しといえども最近中国にできた科創板など一部を除いてありません。 そのような高値の理由は第一に、本稿にも論じられている 「小型IPOが圧倒的に多いことです。発行総額が50億円未満の小型IPOが85%、10億円未満の超小型IPOでも43%を占めています。」 この点です。10億円の調達はいまどき世界平均ではシリーズAです、KPMGが毎年出してるレポートでAの世界中央値が9億円ですから。 つまりそのレンジは世界の相場では上場のジョの字も見えてない出来立てほやほやでつぶれてもおかしくないリスキーなアーリーステージの会社となります。そのような会社にそもそも客観的合理的な値付けなど、プロであってもできるのか否か。 対して米国ではIPOデビュー時価総額で兆円単位は複数あるし基本はビリオン単位がほとんど、それと日本を比べるのは上記の通りそもそもの土俵が違いすぎます。 第二に、マザーズ買い手の8割程度が個人投資家である事。アメリカも昨今ではロビンフッド現象等々で増えたとは言え、これまた日本は異常です。まあこれは小型・超小型前提ゆえ機関投資家が参加しないというニワトリ卵なわけですが。 目論見書を詳しく読み解きもせず短期の相場観のみで売買する個人投資家層が市場参加者の圧倒過半ゆえに、利益はおろか売上すらほとんど無い会社に異常な時価総額がついてしまっているのが実態でしょう。 以上がIPOポップの、割り算の分母たる初値形成の背景です。 それに対して分子の公開価格を意図的に半分くらいに低く設定するアンダーライターはけしからん、という論は理由の半分しか説明してないと思いますし、分母の異常性の大きさを考えると半分ですらないかもしれません。
1331Picks
【完全版】ぜったいわかるSPAC
NewsPicks編集部
NORMAL