Picks
30フォロー
25504フォロワー
インド、コロナのいまと今後の見通し
Rebright Partners
蛯原 健リブライトパートナーズ 代表パートナー
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
5Picks
米アマゾン、第1四半期は過去最高益 今後も成長続く見通し
Reuters
蛯原 健リブライトパートナーズ 代表パートナー
鳥肌が立つ決算だった。 どこも報じてないが今回決算で最も重要な点は、はじめて利益においてECがクラウドを抜いたことだ。 クラウドという人類で最も儲かる事業を発明しその後追随するMSとGoogleの競争に打ち克ちトップを走り、その利益を使って世界中のEC事業を開拓してきた。これが今まで。常にこの会社の利益の大半はAWS、クラウド事業によって賄われて来た。 北米ECすら本格黒字化はまだ数年前、北米外の国際部門に至っては永年かけて去年ようやく損益分岐点を超えた、まだまだ先行投資フェーズだった。 それが今回国際部門だけで一気にズドーンと1千億円を超える大幅黒字を叩きだした。売上は通期ベースで10兆円タッチ、完全稼ぎ頭化成功。 既に巨大な北米ですら、売上ではなく利益においてYoYで2.6倍という驚異的な伸び。昨年1Qはコロナ本格化直前だったのでこの主因はひとえにコロナDX効果。 そのような決算を、ベゾズ退任発表直後のQで叩き出す。 しかもここからが重要。その決算発表においてベゾズが開口一番言った事はその事では無い。「私が永年血と汗を流し創ったEC事業の利益がようやく」うんぬん、みたいなことは一切言わない。その辺の経営者なら泣きながら言いそうだ。しかし非凡な彼は最後まで違った。開口一番 「我々の2人の子供がいま10歳、15歳へと育った。プライムビデオとAmazonスタジオだ。前者は1.75億人が有料会員となり年間1.7倍成長している。後者は今年のアカデミー賞で12ノミネートされ、2つ受賞した 」 あくまで、最後まで過去の実績ではなく未来を語るベゾズ。 おとといのAppleティムクックの決算発表も凄まじかった。世界で最も巨大な会社がまだ売上年率1.5倍という驚異の成長を続けていた。 しかしこれは、10年前ジョブズが死んでクックにバトンを託した時点で既に概ね決まっていた未来だったと今にしては思わざるを得ない。未だに収益源の過半は彼が最後に残した子供のiPhoneだからであり、その後稼ぎ頭になり得るさしたる新製品が出てないからだ。 そして同じ事が今、ベゾズとジャシ―の間で起きているのだろう。 ゆえに今朝、鳥肌が立った。
535Picks
NORMAL