Picks
86フォロー
56フォロワー
過労死ライン6532人の衝撃――「ブラック霞が関」の実態と、待ったなしの働き方改革
Yahoo!ニュース
荒深 雄太
なんだか文章の後ろの方で専門家が御託を並べていますが、 「国会議員は大半が無能なので議員定数を半分に減らす」 というのが最も効果的な解決策だと思います。 午後9時を回るころ、経済産業省のファクスがカタカタと鳴って紙をはき出し始めた。送り主は、とある国会議員。 「明日の委員会の質問内容を伝えるので、議員会館に集まるように」   打ち出された用紙にはそうあるだけで、肝心の質問内容の記載はない。 霞が関の経産省から永田町の議員会館へと駆けつける職員たち。そこでようやく、質問内容が書かれた紙を受け取るが、漠然とした内容であることが多いという。 「先生すみません、もう少し具体的に質問内容を教えて頂けますか。そのぶん議論も深まりますし……」 こう切り出したものの、議員はなかなか内容を明らかにしない。時間だけが過ぎていく。 厚生労働委員会で答弁する田村憲久大臣(写真:つのだよしお/アフロ) 国会の会期中、官僚の重要な仕事は国会対応だ。委員会などの審議では、大臣らが答弁するための答弁案を作成する。大臣といえども、すべての政策を把握しているわけではないからだ。 質問する議員は原則、委員会の2日前の正午までに質問通告することになっている。しかし、形骸化しており、前日の夕方や夜になることが多い。大臣からアドリブの答弁を引き出したいため、手の内を明かさない議員もいる。 30代の経産省職員は「議員に詳細な内容を聞きだそうとして、怒られることもあります」と打ち明ける。 結果、膨大な想定問答を徹夜で作成する。委員会は一日7時間も開かれることがあるため、大臣の答弁案を150以上作ることもある。 取材に応じる厚生労働省の職員(撮影:編集部) 30代の厚生労働省職員も実情を話す。 「法律案の審議のときなどは、夜に答弁案を10人くらいで手分けして作成し、午前3時ごろに帰宅。ソファで仮眠をして、また出勤するパターンです。午前9時開始の委員会に同席する必要がなければ自席で過ごすのですが、『あしたのジョー』のラストシーンのように真っ白になって燃え尽きていたこともあります」
282Picks
NORMAL