Picks
114フォロー
130フォロワー
ある日突然、妻が産後うつに。90億円調達のベンチャーCEOの葛藤と、働きすぎない決断
キャリアハック
野村 愛エン・ジャパン株式会社 キャリアハック 副編集長
【取材しました】病気や介護など、「人生の困難」が降り注いだとき、仕事とどう向き合うか。働くすべての人が直面しうる課題をテーマに、お話伺いました。 創業6年目に奥様が産後うつを発症されたFinatext HD CEO 林良太さん。資金調達直後、新規事業に奔走していたあるとき、突然降り注いだ人生の困難にいかに向き合ったのか。社長としての自分と、家族を支えたい自分。その狭間で抱いた葛藤、決断について赤裸々にお話いただいています。 取材を通じて思ったのは、予想もつかない人生の困難は突然訪れるということ。そしてその局面に立たされたとき、頼れる仲間の存在、関係性が大きな支えになること。いままさに困難に直面している人も、そうでない方も、ぜひ林さんのストーリーにふれていただき、自分自身の働き方を見直すきっかけにしていただけると幸いです。 ========= もともと「産後うつ」という言葉は知っていたものの、まさか自分の妻がなるとは全く予想もしていませんでした。妻は明るくて、活発な性格で、うつ病とは無縁の性格ですし...本当に最初は一体なにが起きているのか、信じられませんでした。
「居場所を奪わないで」ひま部 閉鎖で届いたユーザーの手紙、Yay!での再起を誓った日
キャリアハック
野村 愛エン・ジャパン株式会社 キャリアハック 副編集長
10代を中心に人気を集める日本版Clubhouse、「Yay!」というサービスをご存じでしょうか。 2019年にリリースし、とくにコロナ禍以降にユーザー数を大幅に増やしています。いわば、孤立化にさらされている10代20代の「心の居場所」にもなっているコミュニティプレイスです。 「Yay!」のリリースの裏側にあった、前身となる「ひま部」というサービスの閉鎖。そこからの再起のストーリーを伺っています。 ニューノーマル時代に必要な「居場所」をいかに設計していくのか。Yay!の思想・考え方は、いま新たなサービス設計において求められることが詰まっています。 ============= ー どういった思いで閉鎖を決断されたのか、伺ってもいいでしょうか。 たくさんのユーザーさんがいて、熱量の高いコミュニティができていたので、閉鎖するのは本当に苦しかったですね。 正式に閉鎖を発表した直後から、ものすごい数のレビューの書き込みがあったり、オフィスにもたくさんの手紙が届いたんです。 「居場所が無くなってしまう」「奪うわないで」という声が自分たちの予想以上に届いて。なかには不登校の子や、リアルの世界に居場所がない子がいたりもして。ひとつひとつのメッセージを読んで、オフィスにいた社員みんなで泣きました。
13Picks
NORMAL