Picks
257フォロー
3896フォロワー
ソニーXRや次世代有機EL、そしてプレーヤ終焉論まで~'21年夏の本田・山之内AV対談
AV Watch
Nakamura Hisashi会社員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
東レ、事業益2.8倍350億円 4~6月
日本経済新聞
Nakamura Hisashi会社員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
次世代通信「6G」は空が舞台、ソフトバンクが通信技術公開
DIAMOND SIGNAL
Nakamura Hisashi会社員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
111Picks
車生産、新素材でCO2削減 旭化成は塗装時の燃料抑制
日本経済新聞
Nakamura Hisashi会社員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
「SIMロック原則禁止」が業界に与える影響 メリットばかりではない理由とは
ITmedia Mobile
Nakamura Hisashi会社員
コメントの流れに反しますが、キャリアが開発費を負担し、一社独占する端末に於いて、自社の所有する周波数帯に最適化し、SIMロック端末として販売する自由もあって良い。 対応する周波数帯を増やせば、その分だけ時間も費用も増えて、端末価格は高くなる。 グローバルではない、国内の単独キャリアで販売する独自端末で、全ての周波数帯に対応させろと言うのであれば、対応して欲しい他キャリア(MVNO含む)が(どこかのタイミングで)相応の費用負担すればと思います。 日本の大手キャリアが使用する周波数帯でも、海外では採用する地域が少ない周波数帯もあったりする。海外の企業に対応をお願いするとして、無料で引き受けてくれるのだろうか。 国内向けの話で海外は関係ないのかもしれないが、対応する周波数帯を増やせというは、そういう話であると思います。 対応周波数帯にまで踏み込むと、影響を受ける範囲が広くなり、新規参入の障壁となったり、また、強制すべきことなのかといった問題も出てくる。 問題を解決出来ない、ルールも無いまま、周波数帯をどうこう言えないので、有識者会議でも対策は出せなかったのでしょう。 docomoのカードケータイやワンナンバーフォンなど、キャリア独自で開発する端末があるから掘り起こせる需要があり、メーカーもリスクを軽減しつつ新規の開発が出来た。 バルミューダのスマートフォン参入も、SoftBankが独占販売するから実現出来た部分があると思います。 SIMロック原則禁止となると、リスクをとってチャレンジする端末は減っていくのかも。モバイルは通信契約あってこそであるし。 端末と通信の完全な分離されたとしても、大手キャリアのサービス入り口、受台としてスマートフォンは相性が良く、販売しない理由は無いので、禁止されない限りは端末販売大手として存在していくでしょう。 代理店等の関係や販売手法に変化を迫られそうですが。
67Picks
ニッパツがEVモーターコア増産へ200億円投資の本気度
ニュースイッチ
Nakamura Hisashi会社員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
TIの7-9月売上高見通し、半導体需要巡る懸念呼ぶ-株価下落
Bloomberg.com
Nakamura Hisashi会社員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
経産省が産業再興へ支援。新潟「パワー半導体共同工場」の全貌
ニュースイッチ
Nakamura Hisashi会社員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
隈事務所はなぜ強い? 所員300人超「メガアトリエ」の秘密
日本経済新聞
Nakamura Hisashi会社員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
SIMロックは21年秋に原則禁止──総務省が携帯3社に求める施策案まとめ(佐野正弘)
Engadget 日本版
Nakamura Hisashi会社員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
次々世代のトランジスタ「モノリシックCFET」の製造プロセス
EE Times Japan
Nakamura Hisashi会社員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
中国資本に買収された半導体メーカーへの資金提供をイギリス政府が停止へ
GIGAZINE
Nakamura Hisashi会社員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
NORMAL