Picks
170フォロー
12607フォロワー
大坂なおみ、全豪2年ぶりV テニス四大大会4勝目
共同通信
鳥居 洋介産経新聞 取締役
大坂なおみ選手が2度目の全豪オープンを制した。心から「おめでとう」、そして「ありがとう」と言いたい。 おそらく、男女合わせて大坂選手がいま最も爆発的で素敵なテニス選手ではないかと思う。 日本人であるとか、ないとか、もちろん少しはあるのだけれど、そんなものを飛び越え、プレーを見ていて、こんなにワクワクする選手は久しぶりだ。 その昔、いつもグラフに競り負けるサバティーニが大好きだったのとは、かなり意味が違う。 性差を超えてチャーミングなのだ。圧倒的に強いのに可愛いのだ。こんな選手は見たことがない。 シャラポワ以来、ショットのたびにこの世の終わりかと思うような声を張り上げる選手が多い中、大坂選手はどんなに深いショットも、鍛え上げた脚力で追いつき、淡々とより深いショットでお返しする。 まれに感情が揺れるのは、自身のプレーに納得がいかなかったときだけた。 2018年、全米オープンで憧れだったセリーナ・ウィリアムズを倒して、グランドスラム初優勝した時の優勝セレモニーは、あまりに異様だった。 勝者に浴びせられた容赦ないブーイング。セリーナを称え、大坂を顧みない大会幹部。そんな中、大坂選手が「こんな結果になってごめんなさい」と謝った瞬間から、時計が動き始めた気がする。 今大会、準決勝であたったセリーナを大坂は、まさに一蹴した。 年間グランドスラム、いけるんじゃないか。
440Picks
NORMAL