Picks
90フォロー
78フォロワー
【熱弁】ジャック・マーの「問題スピーチ」全文
NewsPicks編集部
野原 弘輔
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3094Picks
「トランプ敗北」で起こりかねない深刻な危機
東洋経済オンライン
野原 弘輔
アメリカの分断、実は、2008年にオバマが大勝した時も、2000年にブッシュが勝った時も同じ構造だった(実際には92年のクリントンから)。つまり、この30年近く都市部と地方は少しずつ分断されていて、今ではそれが民主と、共和のそれぞれの根幹、票田になっている。 当初(80年代後半から90年代前半)は、グローバル・自由貿易に賛成か、反対かという争いで、両党とも、自由貿易は推進してきた(当たり前だが、それが経済的には正しいので)。 そもそも、自由貿易は共和党の看板だったように思うが、宗教や銃規制などから、支持層が地方にシフト。逆に民主党は、地方の工業都市が票田だったはずだが、よりリベラルな都市部にシフトをした(例えば、カリフォルニアは1988年のプッシュシニアまで20年大統領選で共和党支持だった!)。 グローバル化は、基本は都市部がその果実を取り込んだと思われているが、実際には、アメリカでは地方が落ちぶれた訳ではなくて豊かになっていて、それだけでは、ここまでの分断にはならなかったはず(勿論、全ての根幹は貧富の差であり、相対的な所得格差に地方層が不満を持っているところにあるのだが)。 ただ、トランプになって明確に変化したのは、単なる自由貿易の賛否ではなくて、ポピュリズム(エリートや既存の体制への反発、移民排除、更には、知性への反抗)への傾倒が合わさって来た点。グローバル化の影響であれば、所得再配分の議論で済むのだが、ポピュリズムでは、敵対する側には打ち手がない。 ただ、アメリカには希望はあって、若年層になればなるほど、ポピュリズムから遠くなっている事。あと、20年もすると白人がマジョリティでなくなるのは、確度の高い予測であり、それを見据えれば白人のためのポピュリズムがこれ以上に勢い付くと言うのは予想しにくい。 日本にとっての唯一の同盟国でもあり、より良いアメリカになることをしっかりと働きかけるべきだと思う。
610Picks
トランプ バイデン 両候補 最後の直接対決 テレビ討論
NHKニュース
野原 弘輔
ディベートとしては、前回が最悪だっただけに、それらしく見えた位が適切な言い方では? 今回も内容は薄く、自分のサポーターに対して双方が言いたいことを言うことに終止をした。選挙まで2週間を切っているのだから、そうなるのは当然ともいえるが。。 どうやら世論調査の流れを大きく変えるようなことは起こらなさそうで、バイデンと民主党が勝つのではないだろうか。 4年前は、「ワシントンをぶっ壊す」と息巻いたトランプに誰もが期待をしたのだと思うが、今回は、中道層からは全く期待をされていないだろう。 共和党は、トランプ個人を支持する層以外でのモメンタムがなさすぎる。中道にいる、普通の人たちを取り込む要素があまりにない。高卒・白人・男性を中心とした人気は根強いと思うが、それだけでは選挙に勝てないのではないか。 気になるのは、バイデン政権後のアメリカ政治がどうなるか。選挙区割り(Gerrymandering)やElectoral College などは、議論の対象になるだろう。もし、Electoral Collegeの仕組みが変わるようなことがあれば(一番最近では、1970年に変更の直前まで行っている)アメリカ政治を10年単位で変えるイベントになるだろう。 民主党は、上下院で過半数を取れば、あからさまに白人以外の層(人口が増えている)に寄り添うだけでなく、それを票田にする直接的な方法を考えるはず。共和党もそれに反対しているだけではじり貧なので、かなり大きな政策シフトなどが起こる可能性があると思う。
503Picks
NORMAL