Picks
153フォロー
1129フォロワー
【ランキング】激務かどうかは関係ない?職業別「自立実感」調査
JobPicks(ジョブピックス) | みんなでつくる仕事図鑑
【解説】121ページの「東芝報告書」に、記されていたこと
NewsPicks編集部
吉田 大助日本協創投資株式会社 代表取締役社長
全部は読み込めていませんが、生々しい報告書です。 内容に関するコメントはさておき、こうした不祥事?に関する第三者による調査報告書を読むと、いつも少しつらい気持ちになります。 報告書では、経営レベルの人は実名で、そうでない「担当者」レベルの人は匿名で書かれたりします。しかし、社内の人から見たら「あの人だよね」というのはだいたいわかってしまうもので、報告書の中で事実上名指しで批判された担当者はつらいだろうな・・・ということです。 多くの場合、担当者には経済的な見返りがない事案であり、担当者は「会社のため」と思ってやっていることだろうと思います。本件で言えば、官庁の担当の人も「国のため・業界のため」ということで動いているだろうと思います。 もちろん、不祥事の中で時々出てくる、明らかに私腹を肥やすため、保身のため、といったことで暴走してしまう人は論外です。そうではなく、本気で「会社のため」と思っての暴走・・・と。 これは、ひとつの会社の中で長年勤め続けることの弊害だったりすると思います。 ・「会社のため」ということが、実は世間一般から見たら許容されない行動であるということに気づかない。 ・昔から延々とやっていることを自分もやっているだけで、それが世間では非常識であっても気づかない 私の昔の職場でも「●●(会社名)の常識=世間の非常識」と自虐的に会話してました。 話は飛躍しますが、その意味でも日本的雇用関係は是正が必要で、転職へのハードルが下がる必要がある気がします。外部から世間の常識をもった人材が流入してきますし、転職が怖くなければ、社内で間違ってることが横行していたら「間違っている」とはっきり言えるようになりますしね。
968Picks
日本版SPAC解禁検討 「空箱」上場、投資家保護が課題
日本経済新聞
NORMAL