Picks
27フォロー
7201フォロワー
「高学歴なのに仕事ができない人」はなぜ生まれるのか 公平な採用のために
オトナンサー
【読書】今、部下育成で重要なのは「教えること」ではない
NewsPicks編集部
【完全図解】就職、転職、副業。「良い仕事」に出会う3原則
NewsPicks編集部
「聴き合う」ことが組織の新たな力を生む! サンリオ・アカツキ・トヨタの実践
Forbes JAPAN
石田 秀樹IBM Partner, Talent & Transformation Japan Lead
『仕組みを用意して終わりじゃない。「見える化」と対話を繰り返し、繋がりの中で未来を開いていく。組織と事業の有機的関係を実現するにはそれが大事です』…とても共感できる内容でした。企画を担当する側の人間は、現況の問題だけではなく、未来を展望し、試行錯誤の末、新たな仕組みを構築する。その一方で、運用局面で関わる全ての利害関係者に対しては、構想や企画に求められた極めて高い熱量や、日夜問わず掛けられた膨大な工数と同等レベルで、変革を求めていることは稀であり、変革に必要となる仕組みを理解し、運用する状態になっていないのが実態だと思う。仕組みは、構築してから"終わり"ではなく、"始まり"である。熱量が必要なのは、変化の起点になる"始まり"であることは言うまでも無い。現場の変革活動に身を置いている自身の経験から、この部分において「聞く」と「聴く」が必要になるのは、至極納得できる。組織には感情がある。過去から積み重ねてきた複雑な感情に応える取組みには、それ相当な覚悟が必要になる。意識変容に働き掛ける"ベタ"なアナログなアプローチは無視できない。デジタル化が加速する中ではあるが、HUMAN FACTORを鑑み、それらを活かすデジタル化を考える必要があると改めて思う…。
75Picks
NORMAL