Picks
28フォロー
410フォロワー
「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
神立 進東京洪誠病院 画像診断専門医
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1022Picks
誰もが知っていて無視している新型コロナ対策:憲法改正 - 篠田 英朗
BLOGOS - 最新記事
神立 進東京洪誠病院 画像診断専門医
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
コロナ禍で加速する「超・少子化」解決には“子沢山優遇”税の導入を
マネーポストWEB
神立 進東京洪誠病院 画像診断専門医
日本より出生率が低い国はいくつもあります。 https://www.globalnote.jp/post-3758.html 2019年世銀調べ 日本 1.36 フィンランド 1.35 ギリシャ 1.35 イタリア 1.27 スペイン 1.24 ウクライナ 1.23 シンガポール 1.14 香港 1.05 韓国 0.92 (世界最低) これらが全部共通の理由で出生率が低いとはとても思えません。出生率が高いのは、アフリカ諸国。一般的には、寿命が短い国ほど、出生率が高いことがわかっています。EUのドイツは、1.56ですが、増えているのは移民の子供だそうです。 先日テレビを見ていたら、ニュースキャスターが、”人口増やす必要があるかどうか議論が必要ではないでしょうか” と言ってました。卓見だと思います。人口が増えないと、商品の売上が増えないのは間違いないですが、売上(GDPなど)だけで、国の価値を判断すべきかどうかは疑問です。日本より人口が少なくてもうまくやっている国はいくらでもあります。 私には、地球環境の悪化に対する不安、日本の国力の低下、子供より自分の趣味重視、といったところが大きいように思えます。子供が欲しい人は、多少生活が苦しくても産み育てるでしょう。経済政策で対処できるとはとても思えません。
「安いニッポン」の本当の恐ろしさとは何か 「貧しくなること」ではない
ITmedia ビジネスオンライン
NORMAL