Picks
1621フォロー
211フォロワー
衝撃! 証券業界の「不都合な真実」を明らかにした「ゲームストップ騒動」の深層
マネー現代
佐藤 元俊
冨田さんに完全同意。 合法とはいえ時価総額以上の空売りを入れて生き血をすするような儲けに目が眩んだヘッジファンドが愚かなだけかと。常識では無限に空売りできるという万能感が驕りに繫がっただけだよ 笑笑 相場のルールは簡単で儲けたものが正しい。 空売りやデイトレを投機的な投資、もしくは投機として嘲る風潮があるけれど、そういう人は投資の本質を分かっていないと思う。情緒的なものを排除して考えなくてはいけない。長期投資しか認めないとか、企業を応援するためだとか、中二病のような思想で投資を語る人がいる。実際NPにも割といる。それ自体嘘ではないけど投資家の思想の必須項目ではないのは明らか。株で最も重要なのは取引量と流動性だと思っている。空売りだろうがデイトレだろうが巨額の資金を吸収できる相場でないとお金は集まってこない、つまり株価が上がらない。 まとめて言うと長期投資が儲かる理由は短期投資の積み重ねで流動性が増え、結果として人気化していったということだ。だから長期投資をする人はそういう紆余曲折があったから儲かったのであり、本質的に短期投資を軽んじることはできないはずなんだ。 大事なのはそこではなく、 トレードルールそのものが基本的に機関投資家が有利になるようできている。いくらでも空売りできるなんてルール変更はまさにその真骨頂だよ。その超絶有利な状況で踏み上げ喰らったなんて全く、それこそ1ミクロンも同情の余地はないと思う。 黙っているとさらに機関投資家有利の流れは加速しやすいので個人投資家も発言しなくてはね。アルケゴスもしかりだけど市場を歪めて大規模な金融危機を起こして来たのはいつも機関投資家だよ。フレキシブルな動きをするヘッジファンドのおっきな金主は機関投資家だ。それに証券会社だって同じような文脈でヘッジファンドともたれあう関係だ。 ロビンフッドは個人投資家の大部分を贄にして機関投資家やヘッジファンドに取り入るビジネスモデルなんだこら。わざわざロビンフッドとかいう名前つけたのはまじ草生えるわ。
244Picks
NORMAL